プロ料理家360名によるプロのレシピ4702


旬レシピ・カレンダー

今月の食材は「サトイモ」

縄文時代に稲作よりも早く東南アジアから日本に伝わったという「サトイモ」。山で自生する「山芋」に対し、里で栽培されていたことから「里芋」と呼ばれるようになりました。主成分はでんぷんとたんぱく質で、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウムを含んでいます。独特のぬめりは、ガラクタンやムチンという成分によるもので、ガラクタンは、血圧やコレステロールを下げる効果、ムチンには胃・腸壁の潰瘍予防をし、肝臓を強化する働きがあります。調理する時は、ぬめりを落としすぎないように。手がかゆくなる場合は、手に塩をつけるのがおすすめです。乾燥と低温に弱いので、冷蔵庫に入れず、泥つきのまま濡れた新聞紙にくるんで冷暗所で保存します。

二十四節気では「大雪 」の頃

旬レシピ・カレンダー バックナンバー

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
\
  • 料理家のレシピ本

  • 08月18日
    茄子の鶏味噌
    茄子に鶏味噌をのせてからめていただきます。...
  • 07月23日
    ビーツの塩きんぴら
    ちょっと土の香りがするビーツは、牛蒡のイメージできんぴらに使...

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5