vol.12 塩屋真里代さんのマンゴーで作った、星野佳代さんの「マンゴーのパンナコッタ」

海と山に囲まれた自然豊かな鹿児島県「笠沙」。その地で土作りや無農薬栽培にこだわる塩屋さんが大切に育てたマンゴーで、「マンゴー大好き!」な星野佳代さんがイタリアンスイーツの定番をアレンジ。素敵な星野さん流「マンゴーのパンナコッタ」を完成させました。

教えてください

星野佳代さん(東京都)
星野佳代さん

本場イタリアの家庭料理をベースに、手軽で美味しく作れるイタリア料理を提案。自宅でイタリア料理教室を主宰すると同時に、WEB・雑誌にてレシピ提案やコラム執筆、飲食店のメニュープロデュースなどを手がける。毎年イタリアに長期滞在し、料理やワインの研究を続けている。

お教えします!

塩屋真里代さん(鹿児島県)
塩屋真里代さん

大学卒業後、外資系企業に勤務。
その後鹿児島にUターン。家業の建設業に携わりながら、両親と共にマンゴーの生産を開始。2004年8月農業生産法人(有)秀美園を設立。マンゴーを中心にトロピカルフルーツの生産・販売をおこなっている。
現在、野菜ソムリエの資格を取得するなど、食や農業に関する知識を身につけるべく勉強中。

について詳しく見る 別ウィンドウ

「マンゴー」のこと教えてください

  • From:料理家
     星野佳代
  • To:生産者
     塩屋真里代さま

お世話になっております。
先日は採れたてのマンゴーをありがとうございました。
おかげさまで美味しくいただきました。

4年ほど前だったでしょうか?
塩屋さんが私のお教室にいらしてくださったのは…。まさか鹿児島でマンゴー作りをされていたとは、先日まで存じ上げませんでした。

マンゴー大好きの私としては、どうしてもコンタクトをとりたいと思い、ようやく塩屋さんのマンゴーを口にすることができました。

塩屋さんのマンゴーは、充分な甘みと濃厚なうま味のバランスが最高ですね。
鹿児島にこんなに美味しいマンゴーがあったなんて、本当に感激です。

甘くて美味しいマンゴー作りの秘密ってありますか?
また無農薬で生産を行っているそうですが、具体的な栽培方法など教えていただけますか?

「マンゴー」のこと、お教えします

  • From:生産者
     塩屋真里代
  • To:料理家
     星野佳代さま

こちらこそお世話になっております。

私たちは、主にアップルマンゴーを作っているのですが、まず皆さまに安心で安全な品物を食べていただきたい、そして生産者側の私たちも、毎日の作業において安心・安全でありたいとの思いから、無農薬での栽培に取り組んでいます。また、自然素材を使用した自家製のぼかし肥を使用するなど土作りにもこだわったり、病害虫対策の管理に細心の注意を払ったりして、マンゴーの健康管理に試行錯誤の日々を送っております。

さて、園内写真のマンゴーにたくさんの紐がかかっているのにお気づきでしょうか。これはそれぞれのマンゴーの実を支えるために、果実のなり方の状況に応じて、枝を紐で吊っているところです。そしてマンゴーがある程度色づいてきた段階で、一つの果実ごとにネットをかぶせておき、完熟してネット内に落果するのを待ちます。私たちはそのネットに落ちた実を一つひとつ丁寧に収穫していくのです。

今年は長雨でお日様をなかなか見ることができず、色づきをはじめ外観の点では大変頭を痛めました。ハウス内とはいえ、日光を浴びないとあの真っ赤な果実になりにくいのです。太陽の力は本当にすごいです。少しでもよりよい状態で熟してもらえるよう、日当たりの妨げになっている葉っぱをずらすなどして、日光の当たりやすい状態を作るようにしています。細かい作業の積み重ねですが、やはり美味しいものを作りたいですから。

海と山に囲まれた、ここ笠沙の自然に恵まれた環境が織り成す空気・水、そして海風も私たちのマンゴー作りに大きな役割を果たしてくれていると感じます。鹿児島の南西部の端っこから、皆さまに元気になっていただけるよう、美味しいマンゴーと共に私たちの思いを発信していきたいと思います。

星野さん、そんな私たちのマンゴーの美味しいレシピ楽しみにしています。

「マンゴーのパンナコッタ」ができました!

  • From:料理家
     星野佳代
  • To:生産者
     塩屋真里代さま

収穫のお忙しい中、お返事ありがとうございます。

充分な甘みと濃厚なコクの秘密は、「笠沙」という恵まれた土地と自然環境、そして生産者さんの愛情によるものだったのですね。

無農薬栽培をしていることは存じ上げていましたが、病害虫対策をはじめとしたマンゴーの健康管理、そして土作りまで自然素材の肥料を使用されているとは、私の想像を超えておりました。
食の安全に注目が集まる中、消費者の目線で栽培に取り組んでいる姿勢は心から感銘を受けます。
生産者さんの努力があってこそ、素晴らしいマンゴーに育っていくのですね。

塩屋さんの甘くて美味しいアップルマンゴーでイタリアンスイーツの定番「パンナコッタ」を私流にアレンジしてみました。
そしてお皿にはイタリアのフルーツカクテル「マチェドニア」を飾りました。
クリーミーな「パンナコッタ」とサッパリとした「マチェドニア」、一度で二度美味しいイタリア風のデザートが完成しました。
今年の九州地方は雨が多く、例年よりもご苦労が多いようですね。
多忙な日々が続くと思いますが、どうぞご自愛ください。

  • ※この記事は、2010年07月の取材に基づいて構成したものです。

これまでに届いた食材とレシピ

  • 料理家のレシピ本

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5