vol.58 内藤 泉さんのトマトで作ったCitronヨーコさんの『トマト汁うどん』

内藤 泉さんのトマトで作ったCitronヨーコさんの『トマト汁うどん』

教えてください

Citronヨーコさん(横浜市青葉区)
Citronヨーコさん
レストラン・料理教室の勤務の経験をもとに2009年より横浜市たまプラーザの自宅にて料理教室PetitCitronを主宰。基本を大切に、できるだけ食品添加物を使用しない料理を提案。国内外、生産者さんを訪ねる旅にでかける。

お教えします!

内藤 泉さん(横浜市青葉区)
内藤 泉さん
生協職員から有機農家に転身。横浜市青葉区を中心に神奈川県の有機農家ネットワークを拡大中。青葉グリーンファーム代表。畑の大将と親しまれる。
青葉グリーンファームについて詳しく見る 別ウィンドウ

料理家から生産者へ「トマトのこと、教えてください!」

  • From:料理家
     Citronヨーコ
  • To:生産者
    青葉グリーンファーム 内藤 泉さま

先日は畑をご案内いただきましてありがとうございました。夏の畑はさぞ暑いのではと覚悟して訪れましたが、高台の畑は爽やかな風が通り抜け、暑さの中にも避暑地のような涼しさを感じることができました。
化学肥料や農薬を使用しない有機農法は「虫や病気に負けない土づくりが大切」ということで、肥料になる人参酵母をお見せいただきました。3か月発酵させた人参酵母菌、半年発酵させたコーヒー酵母菌。ふかふかしていて香りもイメージする肥料よりちょっと美味しそうな発酵臭。自然熱を発していて自然の偉大さに気づかされました。

いつも教室に届けていただく野菜は、安心していただけるだけでなく美味しいと生徒さんにも好評です。大葉は大きいのに柔らかく、市販のものよりずっとかおり高く、茄子は苦味なく、みずみずしく生でも美味しくいただけます。トマトは甘みの強いものから酸味のバランスがよい昔ながらのトマトまで。内藤さんの野菜は本当に美味しいです。

ベランダでハーブやプランター野菜を育てていても虫や病気に悩まされます。たくさんの野菜を育てる畑では害虫や病気の対策、とても手がかかることと思います。理想ではあっても農薬を使用しないなんて無理だと思っている農家の方も多いと思います。有機農法ならではの害虫や病気の対策など工夫やご苦労されていることがありましたら是非教えてください。

生産者から「トマトのこと、お答えします!」

  • From:生産者
    青葉グリーンファーム 内藤 泉
  • To:料理家
     Citronヨーコさま

いつも教室で野菜をご使用いただきありがとうございます。
手塩にかけて育てた野菜を美味しいと言っていただけるのは本当にうれしいです。
人参酵母をまいた土壌はふっくらとやわらか、中にはたくさんの微生物が住んでいます。その微生物が野菜の免疫力を高めているのです。つまり、農薬を使わなくても病気になりにくい強さがあるのです。

それでも虫の害は避けられません。野菜にあわせて様々な工夫をしています。虫の産卵期とずらしての定植や、野菜の間に虫が嫌いなキンセンカやハーブを植える混合栽培をする野菜もあります。植物の根を煮出して自然農薬を作って散布することもあります。それでもついてしまうことはあります。

手間と時間はかかりますが、化学肥料や農薬を使用しないということは虫や病気を防ぐばかりでなく大きさや見た目にもばらつきがでますし、形が悪いこともあります。

ですが、軒下販売などにてお客様に直接お会いして選んでいただき、一度食べていただくと、お味を喜んでくださり、大きさにばらつきがあってもつやつやした茄子やトマトのガクがピンと立っているのを「これが美味しそう」といってくださるようになります。

便利さが優先される今、人間の都合に合わせて季節外の野菜が流通するようになりました。でも、自然の声を聴いていると草花は教えてくれるのです。「今年は雨が多い年になるよ」「そろそろトマトが撒き時だよ」。昔の人がやっていたことをやっているだけなのです。
青葉グリーンファームは有機農家のネットワーク。30件の農家が集まり様々な野菜・果物を作っています。対面販売には限りがありますので宅配での販売もはじめました。多くの方に野菜本来の味をお届けできたらと思います。

料理家から生産者へ「トマト汁うどんができました!」

  • From:料理家
     Citronヨーコ
  • To:生産者
    青葉グリーンファーム 内藤 泉さま

有機農法の裏にはたくさんの手間と時間がかけられてるのですね。そして先人の知恵に驚くばかりです。野菜は人間の身体とよく似ていると思いました。添加物をたくさん取り入れると免疫は落ちると言われています。本来持っている力をいかしてあげると健康で美味しい野菜が育つのですね。

今回は夏野菜を使って夏の昼食にぴったりな「トマト汁うどん」を作ってみました。
生のトマトを皮ごとすりおろしてうどんの汁にします。内藤さんのトマトの甘み・酸味・みずみずしさがそのまま生かせるレシピです。トマト汁はソーメンの漬け汁や冷奴にかけても美味しいです。夏の間、満喫していただければと思います。

夏野菜の隣には秋の芋畑が広がっていましたね。季節季節の美味しく安全な野菜作り、これからも美味しい野菜を楽しみにしています。

食材の詳しい情報はこちら

青葉グリーンファーム
公式サイト
http://www.aobagf.jp/
  • ※この記事は、2014年8月の取材に基づいて構成したものです。

これまでに届いた食材とレシピ

  • 料理家のレシピ本

栄養検定

  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5