プロ料理家348名によるプロのレシピ4637

第14回 カロリーを気にしない!ヘルスコンシャスなアフタヌーンティー

ロンドンのおいしいものといえば、まず名前が挙がるのがアフタヌーンティーです。ビクトリア時代にベッドフォード侯爵夫人によって始められ、食事代わりに出したケーキやサンドウィッチなどの軽食が人気を博したのが、アフタヌーンティーの起源といわれています。夕飯代わりというだけあり、ボリュームたっぷりアフタヌーンティー。女性なら誰でもその膨大なカロリーが気になるところです。おいしいアフタヌーンティーは食べたいけれども太りたくない、そんな女性の飽くなき要求に応えて登場したのが、ロンドンのセレブリティお気に入りのホテル、ザ・メトロポリタンの「アフタヌーン・ディ・ライト」です。

Cakes_2.jpg

バターの代わりにオリーブオイルを使ったマフィン、砂糖不使用でフルーツピュレを用いたカップケーキ、グルテンフリーのスコーンはポテトフラワーから作られ、添えられるのはクレームフレッシュとオーガニック・ジャムなど、ロンドン一ヘルシーと謳うアフタヌーンティーはどこまでもライトカロリーとヘルスコンシャスを意識して作られています。

Breadless_Sandwich_Box.jpg

楽しくておしゃれなアイデアの数々に驚かされますが、中でも驚くのはパンを使わないサンドウィッチ、その名も「ブレッドレス・サンドウィッチ」。カラフルな野菜のピューレとスモークサーモンやローストビーフがグラスの中に並ぶ様子はまるでデザートのようです。

Ultimate_Iced-Tea.jpg

飲み物もヘルシー志向で、アルコール入りとノン・アルコールが選べる「究極のアイス・ティー」。アールグレイ・ティーをベースにエルダ―フラワー、レモンジュース、オーガニックハニーが爽やかな味わい。

Exterior%20New.jpg

ロビー、または会員制のメットバーでいただけるアフタヌーン・ディライトは一人分£25。週末は特に込み合いますので、事前のご予約をお忘れなくお出かけください。

All Images Courtesy of The Metropolitan

お知らせ
私の書籍「散歩するように旅する ロンドン とっておきの休日」(翔泳社)が刊行されました。こちらで紹介した「アフタヌーン・ディ・ライト」を始めとして、伝統とモダンがダイナミックに混在している現在のロンドンを掲載しています。4月のプレゼントでも紹介させていただきました。ロンドンに行かれる方もいつか行こうと思っている方も、どうぞお手に取っていただいて、ロンドンのワクワクする新たな魅力を発見していただければ嬉しいです。

STORE INFORMATION

The Metropolitan
Old Park Lane, London W1K 1LB
Phone: +44-(0)20-7447-4757
www.metropolitan.co.uk

小松喜美さん写真

フード・ジャーナリスト 小松喜美

イギリスをメインにヨーロッパの魅力を食と文化の視点から紹介するフード・ジャーナリスト。料理・菓子は「ル・コルドン・ブルー」やパリの「リッツ・エスコフィエ」で学んだ経験をもとに、「食べることは生きること」を信条として、日々おいしいものを探究する日々をブログや雑誌媒体のメディアに掲載しています。

最近の記事

  • 料理家のレシピ本

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5