プロ料理家337名によるプロのレシピ4605

第64回 スペインとイタリアを同時に味わえるタパス from London

ロンドンで大流行したタパス料理のブームも一段落した感がありますが、
根強い人気を誇っているのが、ソルトヤード・グループのタパス・レストラン。
その4店舗目となるエンバー・ヤードEmber Yard
オックスフォード・ストリートからほど近い場所、
SOHOの中心、バーウィック・ストリートにオープンしました。

スペインとイタリア、特にバスク地方とタスカニー地方の
食材と伝統的な料理方法をテーマとしています。
特にここでのお薦めは燃料の木材にまで厳選したグリル料理です。

柔らかく蒸してからこんがりとグリルしたオクトパス、
ペペロナータとグリーン・アイオリ添え
DSCF9129.JPG

オークでスモークしたバスク・ビーフのハンバーガー
バスク産牛肉のリブロース部分を使っているのでとてもジューシーです。
DSCF9133.JPG

ローカルオーガニック・リーフサラダ
ヘリテイジ・キャロット&ラディッシュとクミンシード・ドレッシング
DSCF9123.JPG

グリルしたフラッドブレッド、
ハニー、タイム&スモークドバター
DSCF9130.JPG

クリーミーでリッチなブラウン・バター・パンナコッタ
マラガ(ラム)・レーズン・アイスクリームとスパイスド・ビスケット
DSCF9134.JPG

カジュアルな中にも落ち着いたインテリア。地階にも席があり、
ソファ席や個室など、小さいながらも様々なスタイルのシートがあるのが便利です。
DSCF9119.JPG

厳選された食材とシンプルな調理法、
美味しいものをすこしずつ、カジュアルな雰囲気で楽しみたい、
現代の食のトレンドはロンドンでも東京でも変わらないようです。
それではロンドンでタパスを食べる理由はあるのかと思われるかもしれません。
実はイギリスもイタリアもスペインも同じEU圏内であることから、
人々の交流や貿易が盛んなことは言うまでもありません。
二人でシェアするのにちょうどいい、
アルチザン・チーズとシャルキュトリーのセレクションも
イタリアンとスパニッシュ、それぞれ厳選したものが用意されています。
ロンドンならではの地の利を生かした
スペインとイタリアのおいしさを融合させたタパス、
人気店ですので事前のご予約をお忘れなく。

STORE INFORMATION

EMBER YARD

Ember Yard
60 Berwick Street
London
W1F 8SU

Tel: 0207 439 8057

www.emberyard.co.uk

小松喜美さん写真

フード・ジャーナリスト 小松喜美

イギリスをメインにヨーロッパの魅力を食と文化の視点から紹介するフード・ジャーナリスト。料理・菓子は「ル・コルドン・ブルー」やパリの「リッツ・エスコフィエ」で学んだ経験をもとに、「食べることは生きること」を信条として、日々おいしいものを探究する日々をブログや雑誌媒体のメディアに掲載しています。

最近の記事

  • 料理家のレシピ本

栄養検定

  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5