プロ料理家337名によるプロのレシピ4605

第56回 世界一贅沢なミュージアム・カフェ V&A

ヨーロッパのミュージアムの魅力は膨大な所蔵作品だけではありません。
展覧会の企画力の面白さ、さらに優れた眺望やインテリア、
食事がおいしいレストランやカフェがあるのも
ミュージアムを訪れる楽しみのひとつです。

中でも世界で一番贅沢なミュージアム・カフェといえば、
ロンドンのヴィクトリア&アルバート(V&A)美術館ではないでしょうか。

カフェ部分はモリスルーム、ギャンブルルーム、ポインタールームの三つの部屋からなり、19世紀後半に世界初のミュージアム・レストランとして作られた歴史を持っています。

P1120418 のコピー.JPG

1865年から78年にジェームズ・ギャンブルによって
作られたことからこの名があるギャンブル・ルーム。
当初からレストランを意図して作られたためか
イギリス人の格言好きを彷彿とさせる
「空腹は最上のソース」
「一杯の美味しいお茶はすべてのひとを若返らせる」と刻まれた碑銘が、
随所に散りばめられているのも見所のひとつ。
さらに素材にも洗うことができるものとして、
天井はエナメル・アイアン、壁はセラミック・タイルを使用、
19世紀のクラシック・リヴァイヴァル・スタイルでデザインされています。

P1120409 のコピー.JPG

カフェではサンドウィッチからサラダのような軽食から
ローストチキンやパイなどのしっかりした食事、
デザートからスコーンまでを取り揃え、まさに充実した品揃え。
その上、セルフサービスなので雰囲気はごくカジュアル。
お気に入りの場所に座ることができるのも嬉しいところです。

この日、外食続きで体調を崩した私がいただいたのは、
キャロット&ジンジャー、コリアンダーのスープとブラウンブレッッド。
滋味深いキャロットの味と身体を温めるジンジャー、
アクセントのコリアンダーの香りがきいた、素朴な味わい。
旅先で身体を労るような優しいメニューです。

イギリスでは軽い食事として季節の野菜を使ったスープが
メニューにあるところが多く、旅行で疲れた身体には
これが何よりありがたく感じます。

P1120417 のコピー.JPG


最も人気があるのは間違いなく、1866年から68年に
ウィリアム・モリスによって製作されたモリスルーム。
イギリスを代表するデザイナーにして思想家、画家と多くの顔を持つモリスは
1861年にモリス・マーシャル・フォークナー商会と設立。
初めての公共機関から依頼された仕事がこのモリスルームでした。
かつてグリーン・ダイニング・ルームと呼ばれたこの部屋は、
フィリップ・ウェブの手による陶板細工や、
エドワード・バーン=ジョーンズによるステンドグラスなど、
アーツ&クラフト運動の主役となったアーティストの作品が
惜しげも無く使用され、その美しいディテールは今も輝きを失っていません。

ここにただ座っているだけで、
このカフェが過ごしてきた150年近い歴史、
お金で買うことのできない積み重ねられた歴史の意味が
純粋に伝わってくるようです。
当時の粋を凝らしたモダンデザイン、卓越したクラフツマンシップが
融合された特別な空間は、V&Aならではの贅沢なひとときです。

STORE INFORMATION

VICTORIA & ARBERT MUSEUM

Cromwell Road, London SW7 2RL

http://www.vam.ac.uk

小松喜美さん写真

フード・ジャーナリスト 小松喜美

イギリスをメインにヨーロッパの魅力を食と文化の視点から紹介するフード・ジャーナリスト。料理・菓子は「ル・コルドン・ブルー」やパリの「リッツ・エスコフィエ」で学んだ経験をもとに、「食べることは生きること」を信条として、日々おいしいものを探究する日々をブログや雑誌媒体のメディアに掲載しています。

最近の記事

  • 料理家のレシピ本

栄養検定

  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5