プロ料理家342名によるプロのレシピ4623

第39回 ロンドンで飲みたいフラットホワイト

エリザベス女王Ⅱの60周年戴冠式に
オリンピックと、今年は盛り上がりを見せるロンドン。
そんなロンドンで飲みたいものといえば、
伝統的製法から作られるリアルエール(ビール)、
ハーブから作られる爽やかなエルダーフラワーコーディアル、
そしてロンドンのカフェで飲むフラットホワイトです。

P1080050.JPG

フラットホワイトはスチーマーで温めたミルクのクリーミーな部分だけを使い、
ミルクとエスプレッソを2:1の割合いで混ぜたコーヒー。
エスプレッソは苦味が強すぎるという人にも、
コーヒー本来の味が素直に味わえるのが人気の理由です。

ロンドンで流行となったオーストラリア人やニュージーランド人による経営のカフェ、
オージー・カフェから人気が出たもので、現在はロンドンでは「スターバックス」など
大手チェーンカフェのメニューにもある定番のコーヒーとなりました。

P1080017.JPG

ニュージーランド出身のオーナーによる「ヌード・エスプレッソ」は、
自社焙煎による厳選されたコーヒーが人気のロンドン北東部にあるカフェ。
イギリスの大手コーヒー機器販売会社「カフェ・ソサエティ」による、
2010年インディペンデント・カフェ・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた実力派です。

P1080024.JPG

「イギリスは紅茶」というイメージが強いと思うのですが、
18世紀にはイギリス全土で3000店ものコーヒーハウスがあったとされ、
実は紅茶が庶民に普及する19世紀より前は、
コーヒーこそイギリスを代表する飲料でした。
かつての植民地からもたらされた、
ちょっと意外な歴史を持つロンドンのフラットホワイト。
ロンドンを訪れた際には、ぜひ味わっていただきたいコーヒーです。

P1080064.JPG


STORE INFORMATION

Nude Espresso,
26 Hanbury St, London E1 6QR
TEL: +44 (0)7738 734 019

小松喜美さん写真

フード・ジャーナリスト 小松喜美

イギリスをメインにヨーロッパの魅力を食と文化の視点から紹介するフード・ジャーナリスト。料理・菓子は「ル・コルドン・ブルー」やパリの「リッツ・エスコフィエ」で学んだ経験をもとに、「食べることは生きること」を信条として、日々おいしいものを探究する日々をブログや雑誌媒体のメディアに掲載しています。

最近の記事

  • 料理家のレシピ本

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5