プロ料理家348名によるプロのレシピ4637

第24回 塩キャラメルがとろけ出すチョコレート・トリュフ 

2月といえばヴァレンタインデイを抜きに語ることはできません。
日本では女性が男性にチョコレートを贈る日ですが、
イギリスでは逆に男性が女性にチョコレートや花を贈る日なのです。
女性の立場から考えると、ヴァレンタインの時期だけイギリスに住みたいようですが、
一年に一度、大事な誰かへの想いを代弁するチョコレートに
熱い視線が注がれるのは、どちらの国にも変わりはないようです。

シックでエレガントなパリのショコラティエとは一味違う、
お洒落でユニークなロンドンならではのチョコレートショップ、
それが今回ご紹介する「アーティザン・ドゥ・ショコラ」です。
111209_2135.jpg

ショコラティエ ジェラルド・コールマン氏によって
2000年にロンドンのチェルシーにオープンして以来、
カカオ豆をはじめとした厳選された材料を使用、
サプライズのあるユニークなアイデアに溢れたチョコレートを作り続けています。

一番の人気はイギリスきってのミシュラン・スター・シェフ、
ゴードン・ラムゼイからのリクエストで生まれた
「No.1 ソルティッド・キャラメル・トリュフ」。
111209_2175.JPG

塩キャラメルのトリュフは他にもたくさんありますが、
こちらのものはダークチョコレートのシェルの中から
リキッド状のとろとろの塩キャラメルが溢れだす、
新食感のチョコレート・トリュフなのです。
フランス産ノワールムティエ島のミネラルたっぷりのグレイソルトを使うことで
キャラメルに深いコクと味わいが生まれています。
111209_2138.jpg

おいしいだけではなく、コスメティックと見違える
お洒落なパッケージもプレゼントに人気の理由です。
他にピンク&ブラックペッパー、バナナなど
愉快なフレーバーのバリエーションも。

ロンドン市内に4店舗を構える中でも、
ここウェストボーングローブ店は
世界カクテル競技大会優勝のバーテンダー、
ニック・ストレンジウェイとのコラボレーションした
オリジナルのチョコレートカクテルも楽しめます。
カカオパウダー入り「カカオマティーニ」(£5)
IMG_1232.JPG

チョコホリック待望、年に一度のチョコレートの祭典
「サロン・デュ・ショコラ2011」の日本版にも
唯一イギリスのショコラティエとして出店しています。
2/1(火)~ 2/14(月)までは伊勢丹新宿店本館地下1階で
引き続き販売されているそうなので、
塩キャラメル・ファンの方はぜひ一度お試しください。
ヴァレンタインデイをより一層楽しい記念日にしてくれる、
ロンドンを代表するファッショナブルなチョコレートショップです。

111209_2110.jpg

All pictures courtesy by Edward Lakeman

お知らせ
私の著作「散歩するように旅するロンドン とっておきの休日」(翔泳社刊)が
Apple Storeでデジタルブックとして発売になりました。
私のコラムでも連載しているロンドンの知られざる新しくてかわいい魅力を紹介、
ガイドブックを持ち歩かずに、読むだけでお散歩気分でロンドンの街を
お楽しみいただける内容となっています。
 

STORE INFORMATION

ARTISAN du CHOCOLAT
81 Westbourne Grove,
London W2 4UL
TEL +44 (0)20 7824 8365
www.artisanduchocolat.com

小松喜美さん写真

フード・ジャーナリスト 小松喜美

イギリスをメインにヨーロッパの魅力を食と文化の視点から紹介するフード・ジャーナリスト。料理・菓子は「ル・コルドン・ブルー」やパリの「リッツ・エスコフィエ」で学んだ経験をもとに、「食べることは生きること」を信条として、日々おいしいものを探究する日々をブログや雑誌媒体のメディアに掲載しています。

最近の記事

  • 料理家のレシピ本

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5