プロ料理家364名によるプロのレシピ4760

きちんとレシピ

レシピ詳細

いくらの醤油漬け

  • 印刷用ページ

by 料理家 河井あゆみ

09月06日

  • 旬を感じよう。味わおう!(秋)
  • 和食
  • 家庭料理

白いご飯が止まらない!

9~10月のお楽しみ。筋子を自分でほぐして醤油に漬けるだけで家族から歓声が上がります。やり方をマスターして毎年の恒例行事にしてしまいましょう。

MYクリップする
MYクリップ数(8件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(5件)

調理時間

材料

筋子1本分

筋子 1本
薄口醤油 80ml
  1. ボウルに海水ほどの塩水を作り、その上で筋子をほぐす

  2. 筋子を手に持ち、指でしごくようにしてイクラを膜(筋)から外していく。外したイクラはボウルの塩水に落とす。

  3. イクラを全部外したら、膜やゴミが残っていないかチェックする

  4. イクラをざるにあげ、よく水を切る。

  5. イクラに薄口醤油を加え、5~10分置いてからざるで余分な醤油をきる。清潔な瓶に詰めて取り出す時はきれいなスプーンを使えば約1週間持ちます。

調理のポイント
  • 筋子は11月ごろになると粒が固くなってしまうので、9~10月の美味しいうちにいただきましょう。
  • 味付けは好みの出し醤油などでも。漬けてから時間が経つとだんだん調味液の味が濃くなり、イクラから水分が抜けてねっとりしてきます。味の変化も楽しんでください。 金網を使ってほぐしてもよいでしょう。
プロのひと手間
さん プロフィール

NY在住時にイタリア料理を中心に各国料理を学んだのち、 帰国後2010年から東京港区の自宅で料理教室ARNOアルノを主宰。 企業のレシピ開発、イベント講師、出張料理、コラム執筆、幅広いジャンルとのコラ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5