プロ料理家360名によるプロのレシピ4702

きちんとレシピ

レシピ詳細

ティラミス

  • 印刷用ページ

by 料理家 松本美佐

08月24日

  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • お菓子

手軽においしく。人気のデザート!

フィンガービスケット・インスタントコーヒーなどの市販品をうまく使うと、驚くほど簡単に出来ます。

MYクリップする
MYクリップ数(18件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

18cm型1台分

マスカルポーネチーズ 250g
卵黄 1個分
シロップ(*) 35g
生クリーム(35%) 50g
(コーヒー液) 出来上がりから適量
 お湯 45g
インスタントコーヒー 2g
 シロップ(*) 30g
 アマレット 20g
フィンガービスケット 20本
*シロップの材料
 グラニュー糖 60g
 水 50g
  1. ・シロップ用のグラニュー糖・水を鍋に入れて火にかけ煮溶かします。

  2. ・生クリームは八分立てにして冷蔵庫で冷やしておきます。

  3. ・コーヒー液の材料を全部合わせ冷やしておきます。

  4. 小鍋に湯煎用の湯を沸かします。小さなボウルに溶きほぐした卵黄とシロップを入れて鍋の上にのせ、泡だてながら80度になるまで弱火で加熱します。焦がさないように注意。

  5. マスカルポーネチーズを別のボウルに入れ、1.の卵黄を3回に分けて加え、そのつどよく混ぜます。

  6. 氷水にあて20度まで冷やしたら、用意しておいた生クリームを2回に分けて加え、そのつどよく混ぜます。

  7. フィンガービスケット10本をコーヒー液にひたして型の底に敷き詰めます。ティラミスの半量(約170g)を流し入れ、表面を平らにしたら、一段目と同様にコーヒー液をひたしたフィンガービスケットを10本並べ、残りのティラミスを入れます。冷蔵庫で2-3時間冷やし固めます。

  8. 食べる直前に表面に茶こしでココアパウダーをふります。

調理のポイント
  • 卵黄は必ず80℃以上に加熱しましょう。特に暑い季節は生の卵をそのまま入れるのは避けましょう。
  • 十分に冷やしてから生クリームと合わせましょう。
プロのひと手間
  • ココアパウダーは食べる直前に!お皿に盛りつけてからふるときれい。
  • デザートグラスなどに一人分ずつ作ってもすてきです。
さん プロフィール

お菓子教室&食育コミュニティ キッチンスタジオ「横浜ミサリングファクトリー」代表。イル・プルー・シュル・ラ・セーヌの基礎技術をベースに所作の美しさを伝えるお菓子教室。お菓子作りを通じて生活力・人間力を... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • 08月18日
    茄子の鶏味噌
    茄子に鶏味噌をのせてからめていただきます。...
  • 07月23日
    ビーツの塩きんぴら
    ちょっと土の香りがするビーツは、牛蒡のイメージできんぴらに使...

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5