プロ料理家360名によるプロのレシピ4702

きちんとレシピ

レシピ詳細

桜海老とたけのこの炊き込みご飯

  • 印刷用ページ

by 料理家 竹内浩恵

03月26日

  • 和食

炊飯器で簡単に作れる春色炊き込みご飯

炊飯器にお米と桜海老、たけのこ、だし汁とちょこっと調味料を入れて押すだけで簡単に作れます。物相型で桜型に抜くとちょっと高級な仕上がりになります。

MYクリップする
MYクリップ数(22件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(2件)

調理時間

材料

4人分

白米 2合分
だし汁(鰹と昆布) 330ml
たけのこ水煮 60g
釜揚げ桜海老 40g
日本酒 大さじ2
小さじ1
薄口醤油 小さじ1
木の芽 4枚
  1. 白米は洗い、冷ましただし汁に30分以上浸水させておく。

  2. 炊飯器に、①と日本酒、塩、薄口醤油を加え、ご飯と混ぜ合わせる。

  3. 7㎜角に切ったたけのこと桜海老も加え、炊飯器の炊き込みご飯モードで炊く。

  4. 炊き上がったら、桜型の物相型で抜き、木の芽を飾る。

調理のポイント
  • だし汁は冷ましたものを使用し、調味料分の水分を減らして炊くと、べちゃべちゃにならず、ふっくら炊き上がります。
  • たけのこは、下の方の固い部分を使うと、食感も良く美味しい仕上がりになります。
プロのひと手間
  • 桜の物相型でご飯を抜く事で、ワンランク上の仕上がりになります。
さん プロフィール

大学でフランス文学科専攻し、卒業後は航空会社に就職、国際線客室乗務員として勤務する傍ら、世界各国の料理や文化に触れ、「食」の世界に興味を惹かれる。料理教室を卒業しフードコーディネーターを取得し、そ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • 08月18日
    茄子の鶏味噌
    茄子に鶏味噌をのせてからめていただきます。...
  • 07月23日
    ビーツの塩きんぴら
    ちょっと土の香りがするビーツは、牛蒡のイメージできんぴらに使...

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5