プロ料理家334名によるプロのレシピ4594

きちんとレシピ

レシピ詳細

パンナコッタ イチゴ・ソース

  • 印刷用ページ

by 料理家 西野久子

04月02日

  • カラダリセット 薬膳&マクロビ
  • パパッと手軽に15分
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • 電子レンジで、このレシピ
  • 家庭料理
  • お菓子
  • パーティ

パンナコッタに、苺ソースをかけた甘酸っぱいデザート。電子レンジだけで作れます♪

薬膳的に、春にお薦めのデザートです。

MYクリップする
MYクリップ数(16件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(2件)

調理時間

材料

4人分

ゼラチン 5g
牛乳  200cc
グラニュー糖  30cc
生クリーム  100cc
レモン汁  10cc
苺ジャム(市販品) 100cc
湯  50cc
バニラエッセンス  少々
  1. ゼラチンは水50ccでふやかしておく。

  2. 温めた牛乳に砂糖を入れて溶かす。(電子レンジでOK!)

  3. ②にふやかしたゼラチンとバニラエッセンスと生クリームも入れて溶かす。

  4. ザルで漉して器に注ぎ入れて冷やし固める。

  5. 苺ソースを作る。ボウルに苺ジャム、レモン汁、熱湯を入れてよく混ぜる→電子レンジで沸騰するまで加熱→冷やす。

  6. パンナコッタの部分が冷え固まってから⑤のソースを注ぐ。

調理のポイント
  • 調理時間に冷やし固める時間は入れてません。パンナコッタはかっちり固まったゼリーより、ゆるーいゼリーの方が美味しいと思います。半分を生クリームにしてますが、無ければ全量牛乳で作ってもアッサリとして美味しいですよ。
  • 春は肝と関連の深い季節ですが、苺には養肝の効能が有ります。又、「暑気あたり、慢性の下痢、咳、痰、消化不良、月経不調」などに効果が期待出来そうです。又、適度な酸味は「肝」を養うので、少し酸っぱいお料理と言う点でも春にお薦めの一品です。
  • やや涼に傾いた一品なので、体を温める紅茶などと一緒に召し上がると寒熱のバランスが取れて良いと思います。
プロのひと手間
さん プロフィール

薬膳認定試験・受験対策講座・薬膳料理教室(国際中医師・国際中医薬膳師、調理師)・・・不動産会社勤務後(宅地建物取引業主者)、1994年、調理師免許取得。1994年10月、自宅にて料理教室を始める。加え... つづき

西野久子さん の新着レシピ (全102件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

書籍『シンプルでおいしい こねないパン』
書籍『シンプルでおいしい こねないパン』
合計 2 名様
提供:藤野幸子
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5