プロ料理家360名によるプロのレシピ4698

きちんとレシピ

レシピ詳細

そら豆としらすの和風リゾット

  • 印刷用ページ

by 料理家 長友幸容

04月16日

  • 21時からの胃にやさしいメニュー
  • もてなし上手のホームパーティ
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • 和食
  • イタリアン
  • パーティ

ほっこり味の和風リゾット

かつお出汁とバターの風味でとっても優しい味わいだから、お酒の後にもお夜食にもピッタり!

MYクリップする
MYクリップ数(40件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(3件)

調理時間

材料

2人分

米 1カップ
そら豆 40粒
しらす 40g
●ダシ汁
 かつお節 20g
 湯 600cc
 ダシしょうゆ 大さじ2
白ワイン 大さじ2
バター(無塩) 20g
パルミジャーノ 大さじ2
黒こしょう 少々
  1. そら豆は包丁の刃元で豆の平らな部分に軽く切り込みを入れ、沸騰した湯で3分ほど塩茹でし、薄皮をむいておく。

  2. ボウルにキッチンペーパーをしいてかつお節を入れ、熱湯を注いでしばらく置いてからこしてダシしょうゆを加え、600ccの出汁を作る。

  3. フライパンを熱してバターを溶かし、米(洗わずそのまま)を加えて透き通るまで炒める。

  4. 白ワインを注ぎ、2の出汁を200ccとしらすを加えて中火で煮る。

  5. 水分がなくなってきたら熱々の出汁を100ccずつ加え、米がアルデンテになるまで15分煮る。(途中、水分がなくなったら100ccの出汁を加えて煮るという作業を4回繰り返す)

  6. 1のそら豆とパルミジャーノを加えて手早く混ぜ、黒こしょうをかける。

調理のポイント
  • そら豆の代わりに枝豆やグリンピースで作ってもOK。しらすを組み合わせていますが、たらこや明太子をほぐして入れても美味です。
  • そら豆は「おいしいのは3日間だけ」といわれており、空気に触れると乾燥してしまうのでさやつきで買い求め、使う前にさやから取り出します。使いきれない場合は、固めに茹でて冷凍保存しておくと重宝します。
  • 美味しいリゾットを作るポイント ①お米は洗わずそのままで。 ②お米が透明っぽくなるまでオイルで炒める。(お米の表面をオイルでコーティングをしてあげます) ③出汁やスープは必ず熱々の状態で。一気に入れずに4~5回に分けて加えます。 ④粘りが出ないようになるべく触らず、混ぜる時はフライパンをゆするようにして。
プロのひと手間
さん プロフィール

フードクリエイター スパイスクッキングアドバイザー ベジフルビューティーセルフアドバイザー 1970年、大阪生まれ。 かに座のO型。 料理上手な母の影響で、小学生の頃からお菓子や料理に興味を持つ。 2... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5