プロ料理家357名によるプロのレシピ4660

きちんとレシピ

レシピ詳細

里芋のフォカッチャ

  • 印刷用ページ

by 料理家

12月08日

  • 旬を感じよう。味わおう!(冬)
  • イタリアン
  • 家庭料理
  • パン
  • パーティ

もちもちです♪

手ごねでも作りやすい少量レシピ。

MYクリップする
MYクリップ数(0件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

20㎝大程度一個分

強力粉 180g
里芋(丸ごと柔らかくなるまで茹でて、粗熱をとって皮をむく) 100g
砂糖 7g
5g
オリーブオイル 15g
水(ぬるま湯) 75g
インスタントドライイースト 2g
ローズマリー(かなり細かく刻む) 0.5本分
オリーブオイル 適宜
粗塩 適宜
ローズマリー 適宜
  1. ※里芋は皮ごと茹でて粗熱を取ってから皮をむく。(ポイント1へ)

  2. ※インスタントドライイーストは、①が終わったタイミングでぬるま湯と混ぜておく。

  3. ※オーブンは200度に予熱しておく。

  4. 里芋をボウルに100g測り、粗つぶしにする。

  5. イースト&ぬるま湯以外の材料を加え混ぜる。イースト&ぬるま湯を加えて混ぜる。

  6. 表面がつるっとするまで捏ねる。(手ごねの場合10分程度)

  7. 表面が張るように丸めて、表面にオリーブオイルを塗り、表面が乾燥しないように注意してあたたかい場所で1時間程度一次発酵する。

  8. 4cm程度の厚みに伸ばす。表面に霧吹きをして、再度あたたかい場所で30分程度二次発酵する。

  9. 表面全体に10箇所程度指をさして跡をつけ、オリーブオイル、粗塩、ローズマリーを振りかける。

  10. 200度に予熱したオーブンで15分程度、美味しそうな焼き色がつくまで焼く。

調理のポイント
  • 里芋は、キッチンペーパーで皮をむくとツルっとむけます。はがれないところはナイフも使ってくださいね。
  • 焼き上がりに里芋感を残したい場合は、柔らかく煮過ぎないことがポイント。また、手ごねだと里芋感が残りやすいです。機械の場合には、こね終わりに別途用意した里芋を混ぜ込みます。
  • アレンジレシピ…水のみ60ccに減らし、お醤油5cc、練りゴマ15gを加えても美味しいです。ローズマリーの香りが生姜の香りとリンクして、里芋の利久煮のような味わいに。(こちらは少し歯切れの良い食感になります)
プロのひと手間
さん プロフィール

フードスタイリスト。 もっとも~っとhappyなクッキングライフを♡ いつものごはんがちょっと楽しくなるようなレシピのご提案がモットーです♪ エコール辻東京卒。都内のイタリア料理店数店舗勤務後、大... つづき

さん の新着レシピ (全6件)

一覧を見 る

このレシピを見ている人は、こちらもチェックしています。

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5