プロ料理家346名によるプロのレシピ4635

きちんとレシピ

レシピ詳細

鮭ときのこの玄米炊き込みご飯

  • 印刷用ページ

by 料理家 かいゆみ

09月11日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 基本の「き」。みんな大好き定番食
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • 旬を感じよう。味わおう!(秋)
  • ルクルーゼ/STAUBで、このレシピ
  • 和食
  • 家庭料理
  • パーティ

玄米でも鍋炊きなら柔らかく炊けます♪

秋の味覚満載の炊き込みご飯。ダシを効かせているので薄味でも美味しく頂けます。

MYクリップする
MYクリップ数(0件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

4人分

玄米 2合
だし汁 500ml
酒,うす口醤油,本みりん 各大さじ1
少々
生鮭 2切
まいたけ 1パック
油揚げ 1枚
万能ねぎ(カット済) 1-2本
菊の花 少々
いくら 50g
  1. 玄米は洗って、1時間以上浸水させる。ザルで水気を切っておく。

  2. 油揚げは短冊切りに、まいたけは手でほぐしておく。

  3. だし汁に酒,うす口醤油,本みりん,塩をすべて入れ煮立たせたら、1を入れてさっと煮る。かぼちゃと人参は取り出しておく。

  4. 無水鍋に玄米を入れて③を加え、強火にかけて15分程加熱する。

  5. フタをしたら弱火にし、7-8分加熱する。お米を少し食べて、芯がなければ火を止める。

  6. 生鮭を乗せて再度フタをし、10分蒸らす。鮭の骨を取り、底の方から天地を返すように混ぜる。

  7. 仕上げに万能ねぎ、菊の花、いくらを飾ったら完成です♪

調理のポイント
  • お米を鍋で炊く時は、強火で加熱した後フタをするまでの間にお米の表面からだし汁が見えなくなるぐらいまで加熱することがポイント。レシピの指定時間はあくまで目安と考え、おこめの様子をじっくり観察してみましょう。
  • お米の芯は蒸らす前に確認します。もし芯があった場合は、フタを閉めて追加で数分加熱しましょう。それでも固い場合は、50ml程だし汁を足してから数分加熱してみてください。
プロのひと手間
  • お米の浸水時間は季節によって変えるのが美味しく炊くコツ。夏場は30分、冬場は60分以上が目安です♪
  • 南瓜やにんじんを紅葉型などでくり抜き、出汁でさっと煮てから沿えれば季節感アップ!
  • 鮭は敢えて切り身のまま乗せて、蒸してから骨を取るひと手間を加えるのがポイント。鮭がふっくら仕上がり、骨も取りやすくなります。
さん プロフィール

料理が好きで、結婚を機に勤めていた会社を辞めて料理の世界へ転向。京おばんざいを得意とする料理家に師事。大手料理教室講師での経験を経て、フリーのフードコーディネーターとして活動中。CCHANNEL 公式... つづき

かいゆみさん の新着レシピ (全2件)

一覧を見 る

このレシピを見ている人は、こちらもチェックしています。

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5