プロ料理家348名によるプロのレシピ4638

きちんとレシピ

レシピ詳細

山芋ととろろ昆布のうどん

  • 印刷用ページ

by 料理家 宇田川 多眞季

11月19日

  • カラダリセット 薬膳&マクロビ
  • バランス重視の「丼・パン・麺」
  • パパッと手軽に15分
  • 材料を余らせないひとり分
  • 旬を感じよう。味わおう!(冬)
  • 和食
  • 家庭料理
  • その他

体力が落ちた時にもぴったり。寒い時にぜひ。

アンチエイジングや体力回復にもぴったりの山芋は、漢方薬でも「山薬」と呼ばれるスタミナ食材。風邪をひきそうな時や、病後の回復期にやさしいうどんです。

MYクリップする
MYクリップ数(11件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

1人分

挽肉(好みの種類) 50~70gくらい
山芋(皮は剥くか火であぶり、髭を取る) 3cmくらい
生姜みじん切り 小さじ1強
長ネギ(白い部分) 1/4本
1コ
冷凍うどん 1玉
とろろ昆布 ひとつかみ
2カップ
煎り酒 大さじ1弱
ごま油 適宜
白煎り胡麻 適宜
七味唐辛子 適宜
  1. 小鍋にごま油をしき、生姜を炒める。香りがしてきたら、挽肉を加えて色が全体的に白っぽくなったら、斜めに5mm幅に切った長ネギを加える。

  2. 長ネギがしんなりしてきたら、水を加えて沸騰させる。この時、アクが出てきたらとる。

  3. 冷凍うどんを加え、山芋をすりおろしながら加える。

  4. 煎り酒を加えて味を調える。

  5. 沸騰している状態で、溶き卵を加える。

  6. 器に盛り、とろろ昆布と白煎り胡麻を乗せる。いただく時に好みで七味唐辛子をふる。(山椒でもよい)

調理のポイント
  • 挽肉は、冷えがあったり、体力をつけたい時は「鶏」、乾燥や老化防止には「豚」、貧血気味なら「牛」など、好みによってつかい分けるだけでカンタン薬膳ごはんになります。
  • 冷凍うどんはさぬきタイプよりも稲庭タイプのものの方が、具材が細かいのでよくからまるのでおすすめです。
プロのひと手間
  • 長ネギは縦半分に切ってから斜めに切ると食べやすくなります。
ランクアップアイテム
煎酒・・・江戸の調味料

江戸時代から伝わる調味料は、驚きの美味しさ!

さん プロフィール

国際中医薬膳師。 グラフィックとwebのデザイナーとして企業勤務後、イギリス留学を機に料理に興味を持つ。 帰国後はジャンルを問わず、主に各国家庭料理、パンやお菓子などを学び、2010年国際中医薬膳師を... つづき

宇田川 多眞季さん の新着レシピ (全18件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5