プロ料理家360名によるプロのレシピ4701

きちんとレシピ

レシピ詳細

鶏モモ肉のミルク煮 ローズマリーの香り

  • 印刷用ページ

by 料理家 谷藤 律子

05月09日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • ルクルーゼ/STAUBで、このレシピ
  • フレンチ
  • イタリアン
  • 家庭料理
  • その他

お鍋ORフライパン(蓋付)ひとつでできるお手軽レシピ

ローズマリーの香りが爽やかな鶏肉料理。ミルクの作用で、鶏肉がふんわり柔らかく仕上がります。新じゃがのおいしい季節におススメ。

MYクリップする
MYクリップ数(54件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(3件)

調理時間

材料

4人分

鶏モモ肉 400g
新じゃがいも(小) 12個
ピュアオリーブオイル 大さじ2
ローズマリー 2枝
にんにく 2片
塩、黒こしょう 各少々
小麦粉 適宜
牛乳 200ml
小さじ1/2
レモン果汁 1/2個分
  1. 鶏モモ肉は大きめの一口大(1枚を6つ程度)に切り、軽く塩・黒こしょうをしてから、表面に薄く小麦粉をつける。

  2. 鍋にオリーブオイル、つぶしたにんにく、ローズマリー(飾り分をとっておく)を入れて中火にかける。香りが立ったら、①の鶏肉を皮目を下にし、弱火で火を入れる。

  3. じゃがいもは皮つきのままよく洗い、小さめの一口大に切る。

  4. 鶏の皮目に薄く焦げ色がついたら裏返し、じゃがいも、牛乳、塩を加えて強火にする。沸騰したら蓋をし、弱火で10分煮る。

  5. じゃがいもが、串がすっと通る軟らかさになったら、レモン果汁を加え、更に5分煮る。

  6. 器に盛り付け、残しておいたローズマリーを飾って仕上げる。

調理のポイント
  • 牛乳を加え、沸騰してから蓋をして、鍋(またはフライパン)の中で常に蒸気が回っている状態を保ちます。 表面がフツフツと煮えていることを確認して、火加減を調節してください。
  • 煮えあがった後、鍋(またはフライパン)に残った煮汁を軽く煮詰めるとソースにとろみがつきます。 仕上がりは、牛乳が分離している状態ですが、問題ありません。
  • 皮つきの新じゃがを使うことで、じゃがいもの食感、香りがより楽しめる料理になります。
プロのひと手間
  • 鶏モモ肉は、さっと水洗いしてからよく水分を拭き取ります。余分な脂身を切り落とすことで、臭みもカロリーも軽減できます。
  • <おススメワイン>ハーブの香りとレモンの爽やかな風味の料理なので、ワインは同じニュアンスの「ソーヴィニヨン・ブラン」系がお薦め。
さん プロフィール

「bon repas」主宰。「フレンチ&イタリアン」ベースのオリジナル家庭料理を考案。 「bon repas(ボン・ルパ)=おいしくて楽しい食事」をテーマに自宅料理教室、カルチャーセンター講師、企業へ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5