プロ料理家355名によるプロのレシピ4650

きちんとレシピ

レシピ詳細

フルーツトマトのブルシュケッタ

  • 印刷用ページ

by 料理家 尾崎明子

06月05日

  • 21時からの胃にやさしいメニュー
  • もてなし上手のホームパーティ
  • カラダの中からキレイになる美人食
  • ワインもビールも!お酒と合う料理
  • 低カロリー!ヘルシーダイエット食
  • イタリアン
  • パン
  • パーティ
  • その他

フルーティーなトマトとバジル、ガーリックが絶妙!

ガーリックオイルたっぷりのバゲットにフルーツトマトを使ったケッカーソースを乗せた前菜。おつまみ、軽食にも♪

MYクリップする
MYクリップ数(11件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

3~4人分

バゲット 約2/3本
フルーツトマト 2個
にんにく 2かけ
新玉ねぎ(玉ねぎで代用可) 1/2個
バジルの葉(生) 約10枚
パルミジャーノレッジャーノ(粉チーズで代用可) 適量
エクストラヴァージンオリーブオイル 適量
粗塩 小さじ1
粗引き黒胡椒 適量
  1. にんにくは1かけをみじん切り、もう1かけを摩り下ろしてEXヴァージンオリーブオイル大さじ3と合わせておく。

  2. 新玉ねぎは粗めのみじん切り。フルーツトマトは横半分に切り、種を取り除いて、1cmの角切り。

  3. バジルは軽く洗い、ペーパーでしっかり水分をおさえ、千切り。

  4. ①のにんにくみじん切り、②、③、EXヴァージンオリーブオイル大さじ3、粗塩、黒胡椒を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。

  5. バゲットを1.5~2cm厚さずつに切り、①のにんにくオイル漬けを刷毛で塗り、トースターで軽く色づいてカリッとするまで焼く。

  6. ⑤に④のケッカーソースを等分にのせ、パルミジャーノレッジャーノ少々をのせる。

調理のポイント
  • ケッカーソースは時間が経つと水分が出てきたり、フレッシュトマトの味が変わってしまうので、2日以内には使い切るのがベスト。
  • バジルは包丁で切ると劣化が早いので、切ったらすぐマリネします
プロのひと手間
ランクアップアイテム
UNIO スペイン産オーガニック エクストラバージンオリーブオイル

生食にもクセがなくてとても美味しく、嬉しいオーガニック

さん プロフィール

調味料会社に勤務しながら、料理教室講師を始める。世界の公用語で料理を勉強しなおそうと豪州にて、調理学校のシェフ養成コースCommercial Cookeryを修了。イタリアンレストランと日本食レ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

書籍「日本発酵文化協会監修の発酵検定公式テキスト」
書籍「日本発酵文化協会監修の発酵検定公式テキスト」
合計 5 名様
提供:日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5