プロ料理家355名によるプロのレシピ4653

きちんとレシピ

レシピ詳細

アンディーブと生ハムのグラタン

  • 印刷用ページ

by 料理家 松崎 えり

01月06日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • フレンチ

アンディーブの苦みと生ハムの塩気のハーモニー♪

アンディーブ(チコリ)は、サラダだけじゃなく、加熱しても美味しいですよ~。

MYクリップする
MYクリップ数(2件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(3件)

調理時間

材料

4人分

アンディーブ 2個
生ハム 8枚
小麦粉 20g
無塩バター 20g
牛乳 300cc
オリーブオイル 適量
ナツメグ 少量
  1. アンディーブを縦十字に4つに切る。

  2. 温めたフライパンに少量のオリーブ油を入れ、アンディーブをこんがり焼く。

  3. ②のこんがり焼いたアンディーブを1個づつ生ハムで巻く。

  4. ホワイトソースを作ります。鍋に無塩バターを溶かし、小麦粉を加えて焦がさないようによく炒める。

  5. バターと小麦粉をよく炒めてさらさらになったら、火を弱め冷たい牛乳を少しづつ加える。

  6. ⑤をよく混ぜて焦がさないように注意しながらとろみが出るまで火入し、軽く塩・コショウ・ナツメグを加える。

  7. 耐熱皿に⑥のホワイトソースを少し広げ、その上に③の生ハムで巻いたアンディーブを並べ、上から残りのホワイトソースをかける。

  8. 200度のオーブンで20分程度、表面がこんがりするまで焼く。

調理のポイント
  • ホワイトソースは、バターと小麦粉を炒めたルーと加える牛乳の温度差があった方がダマになりにくいです。ここでは、冷たい牛乳を少しづつ加えましたが、ルーの入った鍋を濡れ布巾に乗せて粗熱をとってから温めた牛乳を一気に加える方が鍋を冷やす手間はかかりますが、なめらかに仕上がります。また、ダマになりそうになったら、泡だて器でがーっと混ぜてください。フランスでは、泡だて器で混ぜる方が一般的なようで、なめらかに仕上がりますよ。
  • ホワイトソースの上に好みでチーズやパン粉とバターを散らしても美味しいですよ♪
プロのひと手間
さん プロフィール

北海道札幌市出身。 フードコーディネータ、ハーブコーディネータ 栄養学修士 現在、女子栄養大学大学院博士後期課程に在籍。 日本栄養・食糧学会会員 ル・コルドンブルー代官山校料理ディプロム、菓子ディプ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • 08月09日
    Green Tea Mojito
    緑茶の香りと爽やかな苦みを生かした夏のおうち飲みにぴったりの...
  • 07月26日
    冬瓜の翡翠煮
    料理教室の生徒さんからのリクエスト。大きな冬瓜をおいしく食べ...

今月のプレゼント

書籍「日本発酵文化協会監修の発酵検定公式テキスト」
書籍「日本発酵文化協会監修の発酵検定公式テキスト」
合計 5 名様
提供:日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5