プロ料理家361名によるプロのレシピ4689

きちんとレシピ

レシピ詳細

鶏のパリパリソテー ドライフルーツ入りラタトゥイユ添え

  • 印刷用ページ

by 料理家 水島弘史

10月24日

  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • フレンチ

鶏の皮パリの焼き方をマスターしましょう!

ラタトゥイユはいろいろなお野菜が一度にとれるヘルシーアイテム。ドライフルーツでさらにヘルシーアップ!!

MYクリップする
MYクリップ数(20件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

2人分

鶏モモ肉 1枚(250g〜300g)
玉葱 小1/4ケ(40g)
赤パプリカ 1/4ケ(40g)
黄パプリカ 1/4ケ(40g)
なす 小1本(60g)
ズッキーニ 小1/2本(40g)
イチヂク 小1ケ(50g)
ミニトマト 6ケ(60g)
刻みドライフルーツミックス 30g
塩(鶏肉) 小匙1/2(2g)
塩(ラタトゥイユ) 小匙1/2(2g)
コショウ コショウ挽き2回転
フレッシュバジル 1枝
サラダ油(鶏肉) 大匙1/2
サラダ油(ラタトゥイユ) 大匙1/2
  1. 鶏は4等分に切る。玉葱、パプリカ、ナス、ズッキーニ、イチヂク、ミニトマトは2cm角くらいに切る。

  2. 鍋に半量のサラダ油をひき、玉葱、パプリカ、なす、ズッキーニを入れ上から残りのサラダ油をかけよく混ぜる。

  3. 鍋を弱火(鍋底に炎の先が当たらない火加減)にかける。1分ほどすると音がしてくるので、それからゆっくり混ぜる。

  4. 常に炒め音がしている弱火を保って10分かけてゆっくり炒める。あまりせわしく混ぜない。

  5. 10分したらトマトとイチヂクを加えてさっくり混ぜ1分加熱。塩、コショウ、バジル1枝をして蓋をして10分蒸らす。

  6. ラタトゥイユを蒸らし始めたら、鶏に分量の半分の塩をする。

  7. フライパンにサラダ油をひき、皮目を下にして鶏をのせ、野菜の時と同じ弱火にかける。

  8. 1分ほどすると泡が出て来て、焼き音がするので常に焼き音がしている状態の弱火で焼く。

  9. 肉の側面が半分くらいまで白っぽくなったら、残りの半量の塩を全体にして肉を返す。全焼き時間は約10分〜15分が目安。

  10. ラタトゥイユと鶏を盛り付け、バジルの葉を飾る。アクセントにバジルの葉とサラダ油を庖丁でたたき、ソースとして流す。

調理のポイント
  • 鍋底に炎の先がつかない弱火で常に焼き音がしている状態を保つのが火加減のコツ!フライパンや鍋は熱しない、これが最先端のソテー!!「冷たい油から炒めると油を吸う」は迷信です。
  • 最大のコツは焦って強火で焼かない炒めない!!
プロのひと手間
さん プロフィール

1967年福岡県生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校卒業、同校フランス校卒業後ジョルジュブランで研修。帰国後東京恵比寿「ラブレー」に勤務、94年より3年間シェフを務める。その他視野を広げるべくさまざまな... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5