プロ料理家361名によるプロのレシピ4720

きちんとレシピ

レシピ詳細

根菜とチキンの欧風煮込み

  • 印刷用ページ

by 料理家 宮川順子

11月20日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • ワインもビールも!お酒と合う料理
  • 旬を感じよう。味わおう!(冬)
  • フレンチ
  • イタリアン

ス-プ要らず。水だけでこの美味しさ!根菜をじっくり。

水だけで旨みを引き出すには、先に塩・コショウをしてから、香ばしく炒める事がポイント!

MYクリップする
MYクリップ数(153件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(9件)

調理時間

材料

2人分

ごぼう 大1/2本
大根 4cm
エリンギ 1本
鶏もも肉 1枚
塩・コショウ 適量
オリ-ブ油 大匙3
適量
白ワイン(日本酒) 大匙2
  1. ごぼうは、長めの小指程度の大きさに切りそろえ、大根は皮を向いて1cm厚くらいの輪切りにし、エリンギも裂いておく。

  2. 鶏はワインをかけて洗い、水気を拭いて余分な脂身を取り除き、4つ割に切って、塩・コショウしておく。

  3. フライパンにオリ-ブオイル少々を引き、2を皮から入れて軽く押さえながらしっかりと焼き色をつけ、ひっくり返して軽く焼いたら鍋に移す。

  4. 同じフライパンに、ごぼうを入れて軽く塩.コショウしてから焼き色が付いて香ばしい香りが出てきたら鍋に移す。

  5. 大根、エリンギも4と同じように塩を振って焼き色が付くように炒め、次々に鍋に移す。

  6. 5の鍋に、ひたひたの水を加えて、強火にかけ、あくが出たら取り除く。

  7. 蓋をして、10~15分、根菜が柔らかくなるまで煮たら、蓋を取って煮汁を煮詰める。

  8. 味を見て、足らなければ塩・黒コショウして味を整える。

  9. 器に盛ってから、オリ-ブ油をかける。

調理のポイント
  • 煮物にする場合は、塩をしてから炒めると味が出やすく。出た味が美味しくまとまって、しみこみ易い。 チキンの代わりに豚スペアリブも美味しい。大根の代わりに蕪もOK.キャベツを加えても良い。
プロのひと手間
さん プロフィール

料理家・ 「MIIKU日本味育協会」代表・ 味育(食育)コンサルタント (日本食育学会会員)・ フードコーディネイター・ 料理・パン・洋菓子教室主宰・ U-CAN 調理師講座 講師. 長男のアレ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5