プロ料理家360名によるプロのレシピ4701

きちんとレシピ

レシピ詳細

ジェノベーゼソース

  • 印刷用ページ

by 料理家 Sachiko WATANABÉ 渡部幸子

06月21日

  • 旬を感じよう。味わおう!(夏)
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • イタリアン

ハーブの季節到来!

ベランダコンテナでも立派に育つバジルを使って、どんな食材にもあうジェノベーゼソースを作りましょう。 イタリアのジェノバ生まれのこのソース。 ミラノのリストランテの味を身近な素材で再現してみました。

MYクリップする
MYクリップ数(4件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

4人分

フレッシュバジル 2カップ
イタリアンパセリ 1/2カップ
松の実 20g
にんにく 2片
オリーブオイル 60ml+α
パルメザンチーズ 30g+α
適宜
胡椒 適宜
  1. バジルとイタリアンパセリは葉の部分を摘み取ってカップにふんわり入れて量る

  2. 重曹を一つまみ入れた水に10分ほど浸けて汚れを浮かせて取る

  3. フードプロセッサーに葉と松の実を入れてすり潰す(フードプロセッサーの代わりにすり鉢を使っても良い)

  4. オリーブオイルとパルメザンチーズを加えてさらに混ぜる

  5. 塩胡椒と分量外のパルメザンチーズで味を調える

調理のポイント
  • ハーブは土壌で風味がかわるので、分量はあくまで目安とする バジルのエグみが強い場合はバジルを減らしてパセリを増やすまたは、湯がいたほうれん草を入れる方法も有効
  • パルメザンチーズは味に奥行きを与えることができるので、バランスを見ながら加える ただし塩分も強いので塩で味を調えるときに入れすぎないように注意が必要
  • 作ったらすぐに消毒した瓶に詰めて密閉し60~70℃のお湯に15分ほど付けておくと多少変色を防げる
プロのひと手間
  • 葉物は洗った後によく水分を取る
  • にんにくはたてに半分にカットして中心にある芯をとると味が洗練される
  • 瓶詰めの際にペーストがオリーブオイルで覆われている状態になると変色を遅らせることができる
さん プロフィール

Atelier Moliereアトリエモリエール主宰 料理教室講師 フードクリエイター テーブルコーディネイタ- フラワー&グリーンデコレ-ター ファッションデザイナー 有名ブランドのファッションデザ... つづき

Sachiko WATANABさん の新着レシピ (全2件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5