プロ料理家348名によるプロのレシピ4637

きちんとレシピ

レシピ詳細

三色の山芋桜茶巾

  • 印刷用ページ

by 料理家 小泉 明代

02月15日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • 和食
  • お菓子

ひなまつりカラーと桜で行事食と季節を楽しみましょう♪

桜の塩漬けで風味付けし、抹茶と食紅で色をつけた山芋の茶巾です。おもてなしにもぴったりの上品な簡単和菓子です。

MYクリップする
MYクリップ数(7件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

2人分

長いも 正味200g
砂糖 大さじ2(18g)
桜の花の塩漬け 2個(3g)
抹茶 少量
食紅 少量
  1. 長いもは皮をむいて4等分に切り、分量外の酢水につけて洗って水気をふく。桜の塩漬けは水に漬けて塩抜きしておく。

  2. 蒸し器で①の長いもを蒸す。中まで火が通ったら、熱いうちに潰して砂糖を混ぜる。

  3. ②を鍋に入れて、木べらで混ぜながら弱火で加熱する。水分がとんでべたべたしなくなったら火を止める。

  4. ①の桜の塩漬けをキッチンペーパーでふいて水気をとり、トッピング用に細かく刻んで少量を残して③に混ぜる。

  5. ごく少量の水で抹茶と食紅を溶いて、三等分に分けた④に抹茶と食紅を加えて緑・赤・白の三色を用意する。

  6. 三色ずつ二等分してラップや布巾に並べて、丸めて茶巾絞りにし、お皿に盛って、残りの桜を飾って完成。

調理のポイント
  • 長いもは蒸して潰すので切り方は適当でOKです。
  • 抹茶と食紅は爪楊枝に付着する程度の量でOKです。使用する水も1~2滴のごく少量で大丈夫です。
プロのひと手間
  • 抹茶や食紅が手に入らなければ、白1色で作っても桜の彩りがアクセントできれいです。
さん プロフィール

フリーランスの管理栄養士として企業向けレシピ開発や栄養計算、食や栄養に関する記事執筆などを行っています。健康や美容に関するレシピや、それらの監修も行っています。 大好きな食器と色彩を活かして、おいしそ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5