プロ料理家344名によるプロのレシピ4629

きちんとレシピ

レシピ詳細

ローストスペアリブ

  • 印刷用ページ

by 料理家 崎野晴子

03月07日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • ワインもビールも!お酒と合う料理
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • イタリアン

仕込んだらはとは焼くだけ!

紅茶とハーブ、バルサミコ酢が香るお肉料理

MYクリップする
MYクリップ数(14件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(4件)

調理時間

材料

2人分

紅茶の茶葉 小さじ1
湯(作りやすい分量) 150cc
きび砂糖 小さじ2
スペアリブ 300g程度
バルサミコ酢 大さじ1と小さじ1
セージパウダー 適量
ローズマリー(葉の部分または柔らかい先の部分) 適量
すりおろしにんにく 小さじ1/2
塩・コショウ 適量
オリーブオイル 小さじ1~2
  1. 濃いめの紅茶を作る。湯に茶葉を入れ5分蒸らす。調理用ポリ袋に紅茶を60cc注ぎ、砂糖を加えて溶かしすぐにスペアリブを入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫で休ませる。(1時間~)

  2. スペアリブの水気を拭き、骨と肉の間に切り込みを入れローズマリーの葉を挟み、竹串で肉に数か所穴をあける。

  3. セージパウダー・すりおろしにんにく・塩・コショウをすり込み冷蔵庫で30分休ませる。

  4. スペアリブの水気を拭き、オリーブオイルを刷毛で全体によく塗り、フライパンで側面に軽く焼き色を付ける。

  5. 210℃のオーブンで9分焼く。一度オーブンを開け、スペアリブにバルサミコ酢を振りかけ再び4分程度焼く。

調理のポイント
  • 濃く淹れた紅茶に含まれるポリフェノールの一種、タンニンと砂糖に漬け込むことでお肉が柔らかくなり、脂肪の部分がこってりと重たくなりません。 使うのは60ccで十分ですが、この分量では紅茶を作りにくいので150ccのお湯で設定しています。
  • 食べやすいように骨とお肉の間に切り込みを入れ、味がよく染み込むように竹串で穴をあけておきます。
  • オーブンの予熱には時間がかかるので、作り方④のお肉を取り出す少し前に予熱を入れつつ、⑤の作業(お肉の側面を焼く)に移りましょう。
プロのひと手間
  • 作り方④の間に付け合せの調理や次の作業の準備をしておくと効率up !
  • 残ったハーブはオリーブオイルにつけてハーブオイルにしたり、ミネラルウォーターに入れてハーブウォーターに。
  • ハーブを保存するときは、一度濡らして固く絞ったクッキングペーパ―にくるんで冷蔵庫に。
さん プロフィール

料理編集者を経てフィレンツェをはじめ、ボローニャ、モデナに留学後、料理家・フードジャーナリストとして活動。 毎日の食事はシンプルで体にいいレシピを 特別な日には手軽に作れるリッチなレシピをご紹介し... つづき

崎野晴子さん の新着レシピ (全1件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5