プロ料理家355名によるプロのレシピ4656

きちんとレシピ

レシピ詳細

豚肉とじゃがいものオーブン焼き

  • 印刷用ページ

by 料理家 青野 晃子

01月20日

  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • 旬を感じよう。味わおう!(冬)
  • フレンチ

ほくほくじゃがいもとホロホロ豚肉であったまる♪

冬のオーブン料理というと、ホワイトソースを使ったグラタンのイメージですが、ちょっと趣向を変えてこんなメニューはいかがでしょうか?

MYクリップする
MYクリップ数(34件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

2人分

豚肩ロース(とんかつ用) 2枚
玉ねぎ(薄切り) 100g
じゃがいも(3㎜厚さの薄切り) 230g
にんにく(みじん切り) 1片
タイム 1枝
白ワイン 30㏄
鶏のだし汁(分量の水で溶いたもの) 200㏄
ローリエ 1枚
澄ましバター 適量
バター・サラダ油 適量
塩・こしょう 適量
  1. 豚肉に塩、こしょうをして、サラダ油・バターを熱したフライパンで両面にきれいな焼き色を付ける。

  2. バットに取り出し、アルミホイルをかけて保温し、フライパンの余分な油を取り除く。

  3. 油を取ったフライパンにバターを溶かし、玉ねぎを炒める。しんなりし軽く色づいたらにんにくを加え香りを出す。

  4. タイム、じゃがいもとその水分、鶏のだし汁を加え、少しとろみが出るまで煮る。

  5. 器にローリエを置き、④の一部を広げ豚肉を重ならないように置く。残りの④を載せ、煮汁を器の半量くらいまで注ぐ。

  6. 表面に澄ましバターをかけ、用意しておいたふた用のアルミをかけ密閉する。

  7. アルミ箔に空気穴を数か所空け、200℃のオーブンで20分程度火を入れる。

調理のポイント
  • 下準備 ・オーブンを200℃に余熱しておく。 ・器にバターを塗っておく。 ・蓋になるアルミホイルは2枚重ねにし、材料と接する面に器同様バターを塗っておく。
  • じゃがいもを薄切りにしたら、軽く塩をして脱水させます。その水分も一緒に煮汁に加えることで、とろみがきます。
  • じゃがいもを煮る時は、液体にじゃがいもが浸かっていないと火が通らないので、分量の液体が少ないようであれば調整してください。
プロのひと手間
  • 澄ましバターは、ボールにバターをいれて湯煎にかけ、溶けたらしばらく置いておく。そうしてできた、上澄みの澄んだ部分が澄ましバターになります。バターをそのまま使うより焦げにくく、風味がきれいです。
  • オーブンに入れている時間が短いので、鶏のだし汁は気持ち濃いめのものを使うようにしてください。
さん プロフィール

食べることから作ることに興味がわき、これまでエコール辻、ル・コルドン・ブルー代官山校でフランス料理、イタリア料理、お菓子を学んできました。 その後都内フランス料理店にて4年ほどサービスに従事し、『おも... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5