プロ料理家344名によるプロのレシピ4629

きちんとレシピ

レシピ詳細

鶏肉と新ごぼうのカチャトーラ風

  • 印刷用ページ

by 料理家 大島節子

05月01日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • カラダの中からキレイになる美人食
  • ワインもビールも!お酒と合う料理
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • ルクルーゼ/STAUBで、このレシピ
  • イタリアン
  • 家庭料理
  • パーティ

相性抜群の鶏肉とごぼうをイタリアンにしましょう~♪

普通のごぼうでも美味しいのですが、新ごぼうの季節には、ぜひその香り高い風味を味わってみてください☆

MYクリップする
MYクリップ数(47件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(2件)

調理時間

材料

2人分

鶏もも肉 500g
新ごぼう 2本
トマト(缶詰) 1缶(400g)
白ワイン 80ml
ロリエ 1枚
ローズマリー、パセリ 少量
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1+大さじ1
塩・胡椒 少々
  1. 鶏肉を約4センチ角に切り、オリーブオイルを敷いたフライパンで皮目をこんがりソテーする。

  2. 煮物用鍋にオリーブオイルを敷き、①を移して熱し、ワインを鍋肌に沿って入れ沸騰させる。

  3. ②に1センチ幅の斜め切りにしたごぼう、ほぐしたトマト、香草類を順次加え、蓋をして弱火で約15分煮て火を止める。

  4. そのまま5分置いたら蓋を取って、ごぼうが柔らくなっているのを確かめ、塩・胡椒で調味する。

  5. お皿に盛り付け、パセリorローズマリーを飾る。

調理のポイント
  • ごぼうの香りを引き立たせるため、香草は控えめに使います。
  • 煮上げた時に、トマトソースのとろみが足りない場合は、蓋を取って少し煮詰めます。
プロのひと手間
  • 鶏肉はふたつまみの塩(分量外)をして室温に戻し、出てきた水分はペーパーで拭き取って、調理を始めます。
  • 最初にフライパンで鶏肉の表面を焼くことで旨味を閉じ込め、余分な脂を除きます。
さん プロフィール

子供の頃から料理好きな母の影響で料理に興味を持つ。
大人になって、各種料理学校に通うようになり、 次第に、イタリアの芸術や文化に
興味があったことから、イタリア料理に興味を持つようになる。... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5