プロ料理家359名によるプロのレシピ4694

きちんとレシピ

レシピ詳細

かぼちゃのニョッキ フォンデュソース

  • 印刷用ページ

by 料理家 前澤由希子

09月20日

  • このだし、このたれ、このソース!
  • もてなし上手のホームパーティ
  • 旬を感じよう。味わおう!(秋)
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • イタリアン
  • 家庭料理
  • パーティ

秋になると食べたくなるカボチャ料理!

絞り袋に入れておなべに落としていくので手で成型する必要がなく、手を汚さずに簡単、甘くて柔らかーいニョッキが出来ちゃいます。みんな大好きなチーズフォンデュ風のソースで。

MYクリップする
MYクリップ数(44件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(4件)

調理時間

材料

4人分

かぼちゃ 皮をとりのぞいた状態で250g
リコッタチーズ 125g
薄力粉 40g
1個
パルミジャーノチーズ 30g
小さじ1/2
ナツメグ 少々
バター 40g
セージの葉 6-7枚
パルミジャーノチーズ 大さじ4
とろけるチーズ 30g
牛乳 70cc
白こしょう 適量
  1. かぼちゃは種と皮を取り除き、適当にカットして蒸し器で12-3分蒸す。

  2. フードプロセッサーに、①とリコッタチーズを入れてなめらかにし、パルミジャーノチーズ、塩、卵を加えてさらにまわしてボウルに移して小麦粉を混ぜ、1cmの丸い口金をつけた絞り袋に入れる。

  3. 鍋にバターを溶かし、ちぎったセージの葉を入れて香りを移し、牛乳、とろけるチーズ、パルミジャーノチーズを混ぜておく。

  4. 塩を加えた熱湯が静かに沸騰した状態に保ち、②を絞り出し、長さ1.5㎝程度のところでナイフでカットしながらお湯に落としていき、浮いてきたら網じゃくしですくって③のソースの鍋に入れる。

調理のポイント
  • 小麦粉の量はカボチャが含む水分によっても変わってくるため、絞り袋に入れる前に、スプーンで生地をお湯におとしてみて、散ってしまうようなら小麦粉を追加する。
  • このニョッキは非常に柔らかい生地に作ってあるため、ゆでるときにお湯をグラグラさせないこと。また、茹で上がったらすぐにソースに入れられるように、ソースを用意しておく。
プロのひと手間
  • ソースは、とろけるチーズを入れずに、セージバターだけで仕上げてもOK
  • とろけるチーズは、、本来はフォンティーナチーズという、イタリア版チーズフォンデュ用のチーズを使用しますが、ピザ用のとろけるチーズなどで構いません。
さん プロフィール

OL時代に各種料理学校へ通い調理師免許を取得。 結婚後、単身イタリアへ留学し、現地の料理学校の他、家庭の主婦や、リストランテのシェフからイタリア各地の料理を学ぶ。 帰国後、都内のトラットリアで修行し... つづき

前澤由希子さん の新着レシピ (全11件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5