プロ料理家346名によるプロのレシピ4636

きちんとレシピ

レシピ詳細

しいたけ香る*ぐるぐるおやき

  • 印刷用ページ

by 料理家 さいとうけいこ

11月11日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • 旬を感じよう。味わおう!(秋)
  • その他

ぐるぐる〜っと「つくって焼いて、焼いて食べて」の満腹おやつ!

干し椎茸のうま味をギュッと閉じ込めました。春と秋、シイタケの旬には「のっけバージョン」もお試しあれ〜♪

MYクリップする
MYクリップ数(6件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(5件)

調理時間

材料

4個分

A.薄力粉(地粉) 100g
A.ベーキングパウダー(なくてもOK) 小さじ1/2
A.干シイタケの戻し汁(または水) 50〜55cc
A.塩 ひとつまみ
B.干シイタケ(水でもどす) 4枚
B.油揚げ 1枚
B.みそ 大さじ1
  1. (A.生地づくり)ボールに薄力粉とベーキングパウダー、塩を入れて混ぜ、戻し汁(または水)を少しずつ加えながらこねます。丸めてラップをし、涼しいところで15分以上休ませます。(ポイント①)

  2. (B.あんづくり)干しシイタケと油揚げはみじん切りにし、油を適量(分量外)をひいたフライパンで焼きます。シイタケに火が通り、油揚げがカリッとしたらボールに取り出し、熱いうちにみそを加えてからめます。

  3. ①の生地を4等分し、めん棒で6×23㎝ぐらいの楕円形から長方形に近い形に伸ばし、②のあん1/4をのせて巻きます。(ポイント②)

  4. 端からくるくると巻いて形づくり、軽く上から押さえてなじませます。4つつくります。

  5. フライパンに油を適量(分量外)をひき、⑤を4つとも入れ、中火で表面に軽く焼き色がついたら水を大さじ2(分量外)を加えフタをして弱火にします。

  6. 5分程蒸し焼きにしたらフタを外し、中火で裏側も焼き色をつけます。(アレンジバージョンではここでスライスチーズとシイタケをのせます→プロのひと手間)

調理のポイント
  • 粉を混ぜながら水を少しずつ加え、全体がそぼろ状になったら、次は全体をひとかたまりにしてこねます。水は初めから全部入れずに少し残しておき、耳たぶぐらいの固さに調整します。表面のデコボコが少なくなって、なめらかになったらこね上がり。
  • 生地を台に取り出すときやめん棒をかけるときは軽く打ち粉(分量外の粉)を使います。ただし、あくまで軽く。 また、4等分した一つずつの生地は一度細長く形作ってからめん棒をかけると、幅を一定にしやすいですよ。
  • 生地材料のベーキングパウダーは、特に焼いてすぐ食べるとき、または噛み応えのあるものがお好みでしたら、なくてもいいかと思います。
プロのひと手間
  • アレンジの例(のっけバージョン) ①生シイタケ(4枚)は軸を落とし、油をひいたフライパンで傘の方から焼きます。裏を返して両面をじっくり焼いたらひだを上にしたまま皿に取り、しょうゆを適量たらしておきます。②スライスチーズは4等分しておきます。③上のつくり方(6)で裏を返したときにチーズ、シイタケの順にのせ、チーズがとけるまでフタをします。
  • あん(中身)はこの材料をベースに、刻んだ小口ねぎや生姜を加えると、さらにおいしさが増します。食べるときに生姜醤油をつけてもいいですね。日本酒にも合いそう♪
さん プロフィール

おうちパン教室'ひなたぼこ'主宰 ・製菓衛生師 ・フードコーディネーター・東邦ガスクッキングサポーター ある出来事をきっかけに「食の大切さ」を伝えるべく、十数年没頭してきた舞台の世界から食の世界へ転身... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5