プロ料理家360名によるプロのレシピ4702

きちんとレシピ

レシピ詳細

里芋のおこわ

  • 印刷用ページ

by 料理家 YUMIKO

09月22日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • 旬を感じよう。味わおう!(冬)
  • 和食
  • 家庭料理

十五夜の別名「芋名月」にちなんだお月見料理!

十五夜の頃、収穫期を迎える里芋を使って、簡単で美味しいおこわを作りましょう。お月見パーティーに是非お作り下さい

MYクリップする
MYクリップ数(6件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

4人分

里芋 中玉4個
ちりめんじゃこ 60g
もち米 1.5合
白米 1.5合
薄口しょうゆ 大2
大1
ひとつまみ
600CCぐらい
三つ葉 適量
  1. もち米、白米はそれぞれ洗って一時間ほど水につけ、ザルあげしておく

  2. 里芋は皮をむき、一口大に切って、塩(分量外)を振って、もみ洗いし、ぬめりを取る

  3. ②の里芋を、オーブンシートを敷いた、オーブントースターに並べ、表面をこんがり焼く

  4. ちりめんじゃこは、ザルに入れて熱湯を回しかけ生臭さを抜いて、水気を切る

  5. 炊飯器に①をいれ、調味料を入れた後、水を炊飯器に「おこわ」ラインまで入れる

  6. ⑤に④と③を加えて炊飯器で炊き上げる。

  7. 炊きあがったっら、ひと混ぜし、お茶碗によそって、ざく切りにした三つ葉を乗せて仕上げる。

調理のポイント
  • 里芋をオーブンで焼くことで、ほっこりと煮崩れせずに、美味しく炊き上げることができます。 ちりめんじゃこは、かま揚げより、良く乾燥されたものが、出汁が良くとれて美味しいです。 必ず、熱湯をかけて、生臭みを取りましょう。
プロのひと手間
さん プロフィール

「心地よく美しく生きる」をテーマに、歴史と伝統が色濃く残る長崎で、長崎ならではの食から始まる豊かなライフスタイルを提案しています。
コーディネーションアカデミージャパンにて、秋篠野安... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • 08月18日
    茄子の鶏味噌
    茄子に鶏味噌をのせてからめていただきます。...
  • 07月23日
    ビーツの塩きんぴら
    ちょっと土の香りがするビーツは、牛蒡のイメージできんぴらに使...

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5