プロ料理家360名によるプロのレシピ4701

きちんとレシピ

レシピ詳細

グレープフルーツ風味のクレームブリュレ

  • 印刷用ページ

by 料理家 salbot 恭子

07月01日

  • 21時からの胃にやさしいメニュー
  • もてなし上手のホームパーティ
  • ハーブ&スパイス。大人のエスニック
  • 旬を感じよう。味わおう!(夏)
  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • フレンチ
  • 家庭料理
  • お菓子
  • パーティ

濃厚なクレームブリュレにグレープフルーツの芳香がさわやか

グレープフルーツの爽やかさとローズマリーの香りが癖になるデザートです。仕上げにグレープフルーツのジャムをかけて食します。

MYクリップする
MYクリップ数(20件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

6人分

グレープフルーツ 2個
グラニュー糖 70g
ローズマリー 1枝
全卵 1個
卵黄 5個
牛乳 300ml
生クリーム 250ml
グラニュー糖 70g
キャラメリゼ用グラニュー糖 適宜
  1. グレープフルーツは外皮を剥き、実を房から出して果汁と共に鍋に入れ分量のグラニュー糖と共に煮る。水分が煮つまり色が濃くなってきたら火を止め細かく刻んだローズマリーの葉先を加え、冷ましておく。

  2. グレープフルーツの房をクレーム・ブリュレの分量の牛乳に浸す。極弱火の火にかけ、牛乳が人肌に温まったら火を止めそのまま冷ましておく。

  3. クレーム・ブリュレ生地を作る。ボールに全卵・卵黄を入れ、泡だて器で混ぜてグラニュー糖を加えてよく混ぜる。冷ました牛乳を漉しいれて、生クリームも加え混ぜる。

  4. 耐熱容器のふちまで注ぎ、180℃に予熱したオーブンに入れて天板に湯をはり、湯煎焼きする。

  5. 約15分焼き、容器を振ってみて中心が水っぽくなく固まっていれば取り出す。

  6. 荒熱を取り冷蔵庫で冷やす。

  7. 食べる直前に冷蔵庫から出し、表面にグラニュー糖をたっぷり振って、バーナーでキャラメリゼする。

  8. グレープフルーツのジャムを添えて食する。

調理のポイント
  • ・牛乳にグレープフルーツの薄皮を浸し火にかけ沸騰させると分離します。ごく弱火で牛乳が少し温まる程度で火を止めるか、火にかけず調理前日夜に一晩浸すだけでもOKです。
  • アクセントのローズマリーは葉先のみごく細かく刻みましょう。
  • バーナーがない場合、オーブントースター又は魚焼きロースターを高温に余熱し、グラニュー糖をふったクレーム・ブリュレを焼く。表面が焦げてきたら取り出す。
プロのひと手間
さん プロフィール

サルボ きょうこ
料理家。東京生まれ。
料理家の叔母に師事し、その後渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリ、リッツ等の料理学校を経て「オテル・ド・クリヨン」調理場へ。当時2つ星... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5