プロ料理家335名によるプロのレシピ4598

きちんとレシピ

レシピ詳細

バルサミコベーコンとブロッコリーのキッシュ

  • 印刷用ページ

by 料理家 木内由紀

07月23日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • フレンチ
  • 家庭料理
  • パーティ
  • その他

ほんのり甘い酸味に包まれたベーコンが美味しいのです

おもてなしにとっても評判なキッシュ、バルサミコの香りとクリーミーなアパレイユが絶妙です。

MYクリップする
MYクリップ数(48件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(6件)

調理時間

材料

5~6人分

ブロッコリー(茹でたもの) 100g
スライスベーコン 3枚(70g)
バルサミコ酢 大さじ1/2
クリームチーズ 40g
粗挽き黒コショウ 少々
玉ねぎスライス 10g程度
●タルト生地
薄力粉 130g
ヘーゼルナッツパウダー 20g
溶き卵 1/2個分
バター 80g
ひとつまみ
●アパレイユ
2個
生クリーム 100cc
牛乳 60cc
チキンブイヨン(顆粒、出来ればパウダーが良い) 小さじ1
粉チーズ 大さじ1
  1. ●タルト生地を作る

  2. 薄力粉+ヘーゼルナッツパウダーをフードプロセッサーにかける、1cm角にカットし冷凍しておいたバターも加えスイッチオン、カタカタとバターのかたまり音がしなくなればOK。

  3. フードプロセッサーをオンにしたまま、卵液を少しづつ加え、米つぶ大のソボロ状になったとこところで止める。大き目のビニールに入れひとまとまりにし冷凍庫で20分冷やす。

  4. 冷凍庫から出し、型の大きさに伸ばし敷き詰め、更に20分冷凍する。取り出しピケをし重石をおいて190℃で18分焼き、冷ましておく。

  5. ●具を作る

  6. フライパン(テフロン加工が好ましい)を火にかけ、2cmに切ったベーコンを弱火で加熱しする。

  7. ベーコンから脂が出てきてカリッとし始めた頃、フライパンを火から外しバルサミコ酢を加える(油がはねるので注意)。

  8. しっかり合わせ、再び弱火にかけ、バルサミコ酢がベーコンの周りに絡みほとんどなくなったら火を止め(フライパンのには透明なベーコンの脂のみが残る)冷ます。冷めたら、ブロッコリーをフライパンに加え合わせ絡める。

  9. ●焼く

  10. タルトの底に常温で柔らかくしたクリームチーズを塗り、粗挽き胡椒を散らす、玉ねぎのスライス、(8)の具を広げ、しっかり混ぜ合わせたアパレイユを流し込み180℃のオーブンで30分程度焼き出来上がり。

調理のポイント
  • タルト生地は、冷凍パイシートで代用してもOKです。
  • 焼き時間は目安です、表面とタルト生地がうっすら色づきはじめ、生地の表面を押して弾力があれば焼き上がりです。
  • アパレイユを流し込む前に、チーズなどをプラスしてもgoo。
プロのひと手間
さん プロフィール

東京農大短期栄養科卒業後、10年の社会人を経て結婚。 家族の「美味しい!」を毎日のブログに残す事がきっかけで、雑誌・TV・企業などにレシピを提案、現在に至る。 美味しさは80%が視覚から、をモッ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5