プロ料理家360名によるプロのレシピ4695

きちんとレシピ

レシピ詳細

Mousse di FRAGOLE~苺のムース~

  • 印刷用ページ

by 料理家 Amoroso Filippo(アモロソ・フィリッポ)

01月04日

  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • イタリアン
  • お菓子
  • パーティ

フレッシュな苺の香りが口の中いっぱいにひろがる~♪

ほどよい甘さと苺の酸味が食後にピッタリのドルチェ!

MYクリップする
MYクリップ数(11件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(3件)

調理時間

材料

6

ウェハースビスケット 100g
バター 50g
ケーキ型18~20cm 1ホール
300g(1/2パックはムース用、1/2パックはトッピング用)
グラニュー糖 60g
板ゼラチン 6g
ラム酒 20ml
生クリーム 200ml
  1. 板ゼラチンは冷水に浸してやわらかくする(注:温かい湯でふやかすとゼラチン質がお湯に溶けてしまうため)

  2. 湯煎で溶かしたバターと細かく砕いたウエハースビスケットをケーキ型の底の部分に平らに延ばし、冷蔵庫で30分ほどねかせる

  3. 150gのイチゴを洗って4等分に切り、75gずつ2つに分けておく(うちひとつは④でグラニュー糖と一緒に煮る分)。残り150gのイチゴは飾り用に残しておく

  4. ③のイチゴ約75gとグラニュー糖60gを鍋に入れて約1分間火をとおし、ラム酒を加える(ここでイチゴに火をとおすのはゼラチンを溶かすため)

  5. ④に絞った①のゼラチンを加え、よく混ぜる

  6. ⑤に③の残り75gのイチゴを合わせてフードプロセッサーにかける

  7. 生クリームをハンドミキサーで角が立つまで泡だてる

  8. ⑥のイチゴと⑦の生クリームを混ぜ合わせる(注:混ぜる際、生クリームをイチゴの上にのせ、クリームの泡をつぶさないように静かに混ぜる)

  9. 冷蔵庫から取り出した②に⑧を流し入れて冷蔵庫で冷やし固める(約1時間)

  10. 食べる直前に冷蔵庫から取り出した⑨にトッピング用のイチゴを飾って出来上がり!

調理のポイント
  • ゼラチンを溶かす際には、ムラなく全体によく混ざるように溶かす
  • 生クリームは泡立て過ぎないように!
  • 火をとおした75gのイチゴと生のイチゴ75gを合わせてフードプロセッサーにかける
プロのひと手間
さん プロフィール

イタリアのフィレンツェに生まれ、料理研究家の父の下トスカーナ伝統料理を学ぶ。さらに学生時代には芸術の基礎を学び、伝統料理に芸術的な感性を加えた独自の料理を生みだしてきた。2003年、結婚を機に来日。2... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5