プロ料理家361名によるプロのレシピ4690

きちんとレシピ

レシピ詳細

米粉と青さのりの手打ちパスタ 桜エビのトマトソース

  • 印刷用ページ

by 料理家 大野ゆかり

01月16日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • イタリアン

青さのりの磯の香りが絶品もちもちパスタ

米粉と青さのりで作ったもちもちパスタに桜エビの甘みがたっぷりのトマトソースがおいしい簡単レシピです。

MYクリップする
MYクリップ数(10件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

4人分

パスタ生地:米粉   200g
5g
卵黄 1個
ぬるま湯 150cc
オリーブ油 大匙1
青さのり 乾燥 5g
ソース玉ねぎみじん切り 1/2個
トマト 4個
桜エビ 大匙8
生クリーム 50~100cc
  1. パスタ生地:ボウルに粉・塩・乾燥青さのりを砕いていれ、卵黄とオリーブ油・ぬるま湯を混ぜたものを少しずつ加えていく。

  2. よく混ぜ、ひとまとまりになったら、台にとりだし なめらかになるまでよくこねる。まるめ、ラップにくるみ30分室温で休ませる。

  3. 打ち粉をふった台の上に取り出し、生地を細長く形作り、ペンネくらいの長さの棒状にする。

  4. 塩を入れたお湯で パスタを5分ゆでる。

  5. ソース:フライパンにオリーブ油と玉ねぎのみじん切りを加え、しんなり甘みがでるまで炒める。ざく切りにしたトマトを加え、10分くらい煮る。とろとろのソース状態になるまで中火で煮る。

  6. 生クリームと 香ばしくなるまで炒めた桜エビを加え、塩・胡椒で味を調える。

  7. パスタをソースにからめて、お皿に盛り付け、桜エビを飾る。

  8. オリーブ油50ccにバジルの葉2枝・青さのり5gをミキサーにかけ、チーズを加えたソースにからめてもおいしいです。

調理のポイント
  • 桜エビは香ばしくなるまで炒めることが 甘みと香りを引き出すポイントです。そして、トマトはとろとろに煮詰めて酸味をとばし、甘みを引き出しましょう。
プロのひと手間
  • バジルと青さのりをオリーブ油でミキサーにかけ、パルメジャーノチーズをたっぷり加えた ソースも簡単にでき保存可能な便利なソースです。
さん プロフィール

結婚後 お菓子教室今田美奈子お菓子教室に通う。その後師範資格を取得。料理を学ぶため、ル・コルドンブルーにて、フランス料理とパンを学ぶ。1996年より、南青山にておもてなしフレンチ・イタリアンのお料理教... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5