プロ料理家355名によるプロのレシピ4655

きちんとレシピ

レシピ詳細

冬瓜の翡翠煮

  • 印刷用ページ

by 料理家 kuritae

07月26日

  • 残り野菜フル活用!レシピ
  • 旬を感じよう。味わおう!(夏)
  • 和食

夏が旬の冬瓜。大量消費で新陳代謝アップ!

料理教室の生徒さんからのリクエスト。大きな冬瓜をおいしく食べたい、レパートリーを増やしたい、の声にお応えしました。

MYクリップする
MYクリップ数(4件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

冬瓜 200g
小さじ1/2
鶏むね肉 80g
小さじ1
少々
エビ 4尾
白だし(市販の希釈タイプ) 大さじ1
水 ↑白だしの希釈分量に合わせる 200cc前後
しょうがの絞り汁 小さじ1
片栗粉 大さじ1強
梅肉 小さじ1
  1. 冬瓜のワタと種を取り除き、8等分に切る。まな板に冬瓜を置いて、翡翠色が残るように皮を薄く切り落とす。

  2. ①の面取りをし、皮目に格子状に細かく切り込みを入れる。(幅3mm、深さ1mm程度)

  3. 鍋に②を入れてかぶるくらいの水、塩を入れて強火にかける。竹串がすっと通るまで加熱したら、冬瓜を冷水に入れて色止めする。

  4. 白だしと水、しょうがのしぼり汁を合わせ、水気を切った③を入れて味を馴染ませる。(10分以上)

  5. 鶏むね肉を8等分のそぎ切りにし、酒と塩にひたして下味をつける。

  6. エビの殻をむいて背ワタを取り、立て塩(100ccの水に小さじ1/2の塩を溶かした水)、真水の順に洗って水気を拭く。

  7. ⑤と⑥に片栗粉をまぶし、それぞれ熱湯で1分茹でて、ザルにあげて冷ます。

  8. 器に④と⑦と梅肉を4等分に盛り付け、上から大さじ2杯の白だしをかけて出来上がり。

調理のポイント
プロのひと手間
  • 冬瓜を保存する際は③までを行い、水気をよく切ってジップロックに入れて冷凍しましょう。使う時は自然解凍がおススメです。
  • 茹でるとパサつく鶏のむね肉とエビも、片栗粉を付けて葛うち風にすると食感が良くなり、おいしくいただくことができます。
ランクアップアイテム
三河白だし

足助仕込三河しろたまり使用

さん プロフィール

小学一年生の時、見よう見まねで淹れたお煎茶を家族に出したところ「おいしい」と喜んでもらった事がきっかけで、誰かに何かを作る喜びに目覚めました。 18年間航空会社の客室乗務員として、国内、海外合わせて... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5