プロ料理家355名によるプロのレシピ4653

きちんとレシピ

レシピ詳細

ひんやり冷たいほうじ茶スフレ

  • 印刷用ページ

by 料理家

06月04日

  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • お菓子
  • パーティ

ふわしゅわ〜っと軽やか食感!冷たい夏のスイーツです♪

暑い夏でも食べたいひんやりスフレ♪ゼラチンを使わずたまごの泡の力で仕上げます。

MYクリップする
MYクリップ数(3件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

φ6㎝ココット6個分

<パータボンブ>
卵黄 2個分
グラニュー糖 25g
25g
<イタリアメレンゲ>
卵白 2個分
グラニュー糖 60g
30g
<ほうじ茶ホイップ>
生クリーム 300g
ほうじ茶 10g
<仕上げ>
ココアパウダー 適宜
<ソース>
生クリーム 100g
ほうじ茶 5g
天日塩 ひとつまみ
  1. 〜作る前に〜①ほうじ茶ホイップの材料を合わせて一晩おき、味と香りを抽出する。漉して生クリームのみ使用する。 ②ココットの外周に、高さ+3㎝になるように厚紙を巻きとめておく。

  2. パータボンブを作る。ボウルに<パータボンブ>の材料を入れ、混ぜてから湯煎にかけハンドミキサーで泡だてる。

  3. もったりとして、重めのコーンポタージュ位のクリーム状になったら湯煎から外し、冷ましながら更に泡だてる。

  4. イタリアンメレンゲを作る。小鍋にグラニュー糖と水を入れ火にかける。温度計で測りながら117℃まで加熱する。100℃を過ぎたタイミングで、卵白の泡だてをスタートする。

  5. 卵白をハンドミキサーで泡だてながら、117℃のシロップを注ぎ込む。更に泡だてて、固くしっかりしたツノが立つ状態にする。

  6. ほうじ茶ホイップを泡だてて、パータボンブのボウルに2回に分けて加え混ぜる。同様にイタリアンメレンゲも加え混ぜる。

  7. ココットにスプーンですくい入れ、厚紙の高さに表面をならす。冷蔵庫で数時間冷やす。

  8. ソースを作る。小鍋に生クリームとほうじ茶、塩を入れて火にかける。沸く直前で弱火に落とししっかり煮出す。漉して冷やしておく。

  9. 厚紙をそっと外し(ココットの底を持って、厚紙を下にスライドさせるイメージで外すとよい)ココアをふる。

  10. ソースをかけながらいただく。

調理のポイント
  • ほうじ茶ホイップに使用した茶葉は、勿体ないので是非ロイヤルミルクほうじティーにして召し上がってくださいね♪
  • 泡だては全てハンドミキサーで行います。卵黄→卵白に移行する際は一度洗って卵黄がついていないように注意してください(泡立ちにくくなります)
  • 作り方⑥でイタリアンメレンゲを加えた後は、泡だて器で大きく切りまぜ→ゴムベラに持ち替えて手早く切り混ぜると均一に仕上がります。
プロのひと手間
  • 湯煎のお湯の温度は80〜85℃が目安です。ボウルの中身を混ぜてから湯煎にかけることで、いきなり卵黄が固まってしまうのを防ぎます。
  • 今回はココットに厚紙を巻きますが、ケーキ用のセロファンなどお持ちの方はそちらをお使いくださいね。
さん プロフィール

フードスタイリスト。 もっとも~っとhappyなクッキングライフを♡ いつものごはんがちょっと楽しくなるようなレシピのご提案がモットーです♪ エコール辻東京卒。都内のイタリア料理店数店舗勤務後、大... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • 08月09日
    Green Tea Mojito
    緑茶の香りと爽やかな苦みを生かした夏のおうち飲みにぴったりの...
  • 07月26日
    冬瓜の翡翠煮
    料理教室の生徒さんからのリクエスト。大きな冬瓜をおいしく食べ...

今月のプレゼント

書籍「日本発酵文化協会監修の発酵検定公式テキスト」
書籍「日本発酵文化協会監修の発酵検定公式テキスト」
合計 5 名様
提供:日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5