プロ料理家346名によるプロのレシピ4635

きちんとレシピ

レシピ詳細

タコと新生姜の炊き込みごはん

  • 印刷用ページ

by 料理家 高橋育子

06月22日

  • カラダリセット 薬膳&マクロビ
  • 和食
  • 家庭料理

疲れにも美肌にも効果的な夏薬膳

タコは「気と血を補う」と薬膳で言われ、コラーゲンも豊富なので美肌効果も。一緒に炊き込んだ新生姜がポイントです。

MYクリップする
MYクリップ数(14件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(4件)

調理時間

材料

4人分

2合(360ml)
ゆでダコ 150~200g
新生姜 15~20g
炊飯用の水 2合分
麺つゆ(濃縮タイプ) 大さじ2
飾り用青ネギ 少々(お好みで)
  1. 米をとぎ、炊飯器の分量通りに水を入れ、大さじ2杯分水を減らす

  2. タコを1センチ程度の大きさに切っておく

  3. 新生姜は皮をむきスライスし、繊維に対して平行に千切する。(5ミリ~1センチくらいの長さ)

  4. 炊飯器の米に麺つゆとタコを入れて良く混ぜ、炊飯する。

  5. 飾り用の青ネギを小口切りしておく(無くてもOK)

  6. 炊飯できたら、生姜をざっと混ぜて5分ほどそのまま蒸らすために置いておく。

  7. 生姜を入れて5分で出来上がり。器に入れ、あれば青ネギをのせて頂く。

調理のポイント
  • 生姜は柔らかい新生姜をおススメ。無い時は普通の生姜でも。 生姜を一緒に炊き込んでも良いですが、後から入れた方が薬膳効果が高くなります。
  • 炊飯用の水は、加える麺つゆの分量だけ減らすと、ちょうど良い固さのご飯に。 生姜を一緒に炊き込んだり、タコの分量が多い、夏場の古米などの時は水加減をそのままか大さじ1減らすくらいにすると、ご飯が柔らかくなりすぎるのを防げます。
プロのひと手間
  • 仕上げの青ネギの代わりに、刻んだ青紫蘇(大葉)を使うと、さらに風味と薬膳効果がアップします!
  • 余ったごはんは、おにぎりにして表面にフライパンなどで焦げ目をつけて器に入れ、出汁を注いで柚子胡椒を薬味に食べると最高です。
さん プロフィール

武蔵野美術大学を卒業後、ディレクター、デザイン講師として勤務。結婚後、子どもの病気や食物アレルギー、自分自身の体調不良に悩み、漢方や薬膳で体質改善を行ったことから興味を持ち、国際中医師、国際中医薬膳管... つづき

高橋育子さん の新着レシピ (全1件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5