プロ料理家346名によるプロのレシピ4635

きちんとレシピ

レシピ詳細

金柑のタルト

  • 印刷用ページ

by 料理家 宇田川 多眞季

02月08日

  • 旬を感じよう。味わおう!(冬)
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • お菓子

金柑のさわやかな香りとショコラとのコラボの美味しさ。

フードプロセッサーを使って作る、型いらずのお手軽タルト。表面がキャラメリゼされた金柑は、香りもよく、ココア生地ともよく合います。

MYクリップする
MYクリップ数(7件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

1台分

A 薄力粉 70g
A 全粒粉 30g
A ココアパウダー 10g
A 塩 ひとつまみ
A 無塩バター 60g
プレーンヨーグルト 大さじ2~3
金柑 150gくらい
きび砂糖 大さじ3
無塩バター 15gくらい
きざんだピスタチオ、粉糖 適宜
  1. オーブンを220~230℃に予熱する。金柑を5mm厚くらいの輪切りにし、種をとっておく。Aの無塩バターは1cm角くらいに切り、冷やしておく。

  2. フードプロセッサーにAをセットし、よく撹拌する。

  3. 中身をボールにあけ、ヨーグルトを加えて手で捏ねるように混ぜる。生地がまとまればいいので、入れすぎないこと。

  4. ラップを2枚用意し、間に生地をはさみ、2mm厚くらいまで生地を麺棒でのばす。

  5. ラップを外して、オーブンペーパーを敷いた天板に乗せる。

  6. 内側3㎝くらい残し、金柑をまんべんなく散らし、きび砂糖をふりかける。無塩バターをその上に適当に散らす。

  7. 残しておいた生地を寄せて内側に折り、金柑を包むようにする。

  8. 220℃~230℃くらいで30分くらい焼成。焼けたら網などにのせて粗熱を取る。

  9. 触れるくらいになったら、刻んだピスタチオを散らし、粉糖をふりかける。

調理のポイント
  • Aをフードプロセッサーで撹拌するとき、バターが米粒くらいに残るくらいにしておくと、ざっくりとした生地になります。
  • ヨーグルトは入れすぎるとべたべたになるので、生地がまとまる量でストップします。
  • バターはできれば発酵バターにするとより風味がよくなります。
プロのひと手間
  • 果物は季節によって変えるとバリエーションが増えて楽しいです。
ランクアップアイテム
カルピス発酵無塩バター

生乳原料のクリームを乳酸菌で発酵させた、かすかな酸味と芳香を持つバター

江別製粉 北海道産小麦 ドルチェ

美味しい小麦で作れば、ケーキの味も抜群に!

さん プロフィール

国際中医薬膳師。 グラフィックとwebのデザイナーとして企業勤務後、イギリス留学を機に料理に興味を持つ。 帰国後はジャンルを問わず、主に各国家庭料理、パンやお菓子などを学び、2010年国際中医薬膳師を... つづき

宇田川 多眞季さん の新着レシピ (全18件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5