プロ料理家348名によるプロのレシピ4640

きちんとレシピ

レシピ詳細

三色散らし寿司

  • 印刷用ページ

by 料理家 神崎 圭子

03月05日

  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • 和食

春野菜を使って春を感じる彩り寿司!!

酢飯を三色に分けて、セルクルで三段重ねします

MYクリップする
MYクリップ数(21件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

4人分

酢飯 2合
菜の花 4房
しょうゆ 小さじ1
むき海老 4尾
酒・砂糖 少々
いくらのしょうゆ漬け 適量
鮭フレーク 適量
<錦糸卵>
M1個
片栗粉 小さじ1/2
小さじ1/2
少々
  1. 菜の花は飾り用の穂の部分と茎に分け、塩(分量外)を入れた熱湯でさっと茹でた後、水気を絞りしょうゆをたらした後、軽く絞り、飾り用部分以外を小さく刻む。

  2. 海老は背綿を取り除き、酒、砂糖を入れた熱湯でさっと湯通しする。

  3. 錦糸卵を作る。片栗粉を水で溶き、卵を割ったボウルに塩、水溶き片栗粉を入れ、混ぜ合わせフライパンで薄く焼いて冷ました後、薄切りにする。

  4. 酢飯を3等分し、鮭フレーク酢飯、菜の花酢飯、白酢飯を作る。

  5. 5~6センチセルクル型に鮭フレーク酢飯→白酢飯→菜の花酢飯の順に下から詰めていく。酢飯を型から外してお皿に盛り付け、錦糸卵を散らし、飾り用菜の花、むき海老、いくらを飾る。

調理のポイント
  • セルクル型に酢飯を詰めていくとき、ある程度力を加えながら詰めていかないと、取り出すときに崩れて綺麗な三段重ねの層が出来ないので気をつけてください。
プロのひと手間
  • 菜の花はさっと茹でた後、冷水をかけることでより緑が鮮やかになります。
さん プロフィール

FCAJ認定フードコーディネータ NPO日本食育インストラクター 中根知子主宰「Recipere」インストラクターコース卒業 C.P.Aチーズ検定「COMRADE OF CHEESE」取得 大手料理教... つづき

神崎 圭子さん の新着レシピ (全19件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5