プロ料理家346名によるプロのレシピ4635

きちんとレシピ

レシピ詳細

スズキのジャガ芋包み焼き、パプリカソース

  • 印刷用ページ

by 料理家 水島弘史

04月28日

  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • フレンチ

外はパリパリ中はジューシーふっくらスズキ

ジャガ芋を予め油通ししておくのがポイント、ホタテや青背の魚でもお試しあれ!

MYクリップする
MYクリップ数(14件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(6件)

調理時間

材料

2人分

スズキの切り身(80g) 2切れ
ジャガ芋(メークイン) 中2ケ
片栗粉 小匙2
赤パプリカ 1ケ
マヨネーズ(できれば自家製で) 30g
カイエンヌペッパー 微量
バジル(フレッシュ) 8枚
溶き卵 1ケ
打ち粉用小麦粉 小匙2
適量
コショウ 適量
サラダオイル 適量
インゲン 6本
  1. ジャガ芋の皮をむき、スライサーで2mmの細切りにして、フライパンに広げてヒタヒタのサラダオイルをかける。

  2. ジャガ芋のフライパンを弱火にかけ、箸でまぜながら折り曲げても折れないくらいに火を入れる。(3分)

  3. ジャガ芋の油をきり、片栗粉、塩、コショウをする。

  4. スズキの皮を除去し塩コショウをして、打ち粉、溶き卵をつけ、ジャガ芋で包みラップでしっかりにぎる。

  5. ジャガ芋に火をと通した油で中火でスズキを表面を芳ばしく揚げ焼きにする。

  6. パプリカを表面にオイルを塗り170℃のオーブンで20分やき、冷めたらかわを剥く。

  7. パプリカとマヨネーズに塩とカイエンヌをしてミキサーにかけ、温め直してソースにする。

  8. バジルをサラダオイルとミキサーにかけバジルペーストにする。

  9. インゲンは下茹でしたものを、魚を揚げ焼きにする時に一緒に素揚げにして塩をしておく。

  10. ソースをひき、スズキをのせて、インゲンを盛り、バジルソースを周囲に流す。

調理のポイント
  • ジャガ芋は火を通しすぎない。 スズキを包み込んだらラップで包んでしっかりにぎることでボロボロ崩れずきれいに仕上がります。
プロのひと手間
さん プロフィール

1967年福岡県生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校卒業、同校フランス校卒業後ジョルジュブランで研修。帰国後東京恵比寿「ラブレー」に勤務、94年より3年間シェフを務める。その他視野を広げるべくさまざまな... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5