プロ料理家357名によるプロのレシピ4660

きちんとレシピ

レシピ詳細

新風 お雛吸い物 

  • 印刷用ページ

by 料理家 宮川順子

02月08日

  • このだし、このたれ、このソース!
  • もてなし上手のホームパーティ
  • 低カロリー!ヘルシーダイエット食
  • 基本の「き」。みんな大好き定番食
  • 旬を感じよう。味わおう!(冬)
  • 和食

脱、定番!だけどセオリ-は外しません。

いつもの潮汁に、意外とぴったりイタリアン食材!トマトと醤油はベストマッチ。蛤をふっくら仕上げるコツも要チエック。

MYクリップする
MYクリップ数(6件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(2件)

調理時間

材料

3人分

昆布 5~6cm
100cc
セロリ 6cm
フル-ツトマト 1こ
菜花 3本
ハマグリ(海水程度の塩水にしばらく浸して砂抜きをし、よく水で洗う) 3個
少々
薄口醤油(白醤油)  少々
吸い口(木の芽・柚子皮) 適宜
  1. 湯をわかし、トマトをくぐらせて冷水に入れ、皮をむく。同じ湯に塩を入れて菜花をさっと茹で、冷水で冷やししぼっておく。セロりも筋を取ってたべやすい大きさに切ったものをさっと茹でておく。

  2. 小鍋(小フライパン)にハマグリと酒を入れてフタをして火にかけ、鍋の中でカラカラと貝が開く音がしたら直ぐにフタを取り、開いた貝から順に取り出し火を止める。

  3. 2の鍋に、水500ccくらいと昆布を入れ、沸騰直前に昆布を取り出し、あくを取る。

  4. 味を見て、塩→醤油を加え、1の具と2の貝を戻して1~2分温め火を止める。

  5. おわんに、盛り付け吸い口を添える。

調理のポイント
  • 蛤は開いた時点で火が通っていて、通常のように鍋に入れて作る方法だと調味している間に硬くなるので、別に酒蒸しして取り出し、後で戻す方が貝がプリット美味しくできる。
  • トマトと醤油は同じアミノ酸系食品でベストマリア-ジュ。セロリはイタリアン独活です。
  • 菜花は、1ワまとめて茹で、残りは油で炒めて塩コショウし、卵とじなどに利用すれば、ひな祭りの1品になります。
プロのひと手間
さん プロフィール

料理家・ 「MIIKU日本味育協会」代表・ 味育(食育)コンサルタント (日本食育学会会員)・ フードコーディネイター・ 料理・パン・洋菓子教室主宰・ U-CAN 調理師講座 講師. 長男のアレ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5