プロ料理家367名によるプロのレシピ4781

きちんとレシピ

レシピ詳細

小魚がカリっサクっと揚がる衣

  • 印刷用ページ

by 料理家 野口玲子

06月08日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • パパッと手軽に15分
  • ワインもビールも!お酒と合う料理
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • 和食
  • イタリアン
  • 家庭料理
  • パーティ

骨ごと、まるごと。小魚のカリカリ揚げ。

美味しくて、覚えやすくて、簡単!便利な揚げ衣の配合です。

MYクリップする
MYクリップ数(44件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(12件)

調理時間

材料

4人分

小魚(ここでは8cm位の稚鮎) 250g
塩(天然) 小さじ1/2
A:小麦粉 1/3カップ
A:片栗粉 1/3カップ
A:ビール 1/3カップ強
揚げ油 適量
パルミジャーノ(粉チーズ) 適量(お好みで)
  1. 小魚は冷水で洗い水気をふき取り、塩を振り10分おき、さらに出てきた水分を丁寧にふき取ります。

  2. Aの衣を混ぜておきます。(ビールは泡が落ち着いた状態で計量)

  3. 鍋に油を170℃~180℃に熱し、小魚を衣にくぐらせ余分な衣を落として、からりとなるまで揚げ(3分程)、油を切ります。

  4. 器に盛り、今回は稚鮎に合う粉チーズをまぶしました。そのままでももちろん美味しいです。

調理のポイント
  • 写真は稚鮎を揚げました。他にもアジ、イワシなどの小魚、ワカサギなど魚介に合う衣です。新鮮で小さい魚の場合はまるごと食べられますが、気になる場合は内臓を取り除いて揚げてください。
  • 170℃~180℃の目安は菜箸を鍋の底につけたときに泡がまっすぐに浮き上がってくる状態。(160℃位だとすごく細かい泡。)
  • 面倒ですが、1度に揚げる量は 天ぷら鍋の面積の半分以下の量を目安に数回に分けて揚げると綺麗に仕上がります。
プロのひと手間
  • 魚の水気はよく拭きましょう。揚げものをからりと仕上げる共通ポイントは素材の水分を抑えることです。
  • 衣は薄衣で。衣にくぐらせたら、指で掴んでなぞるように余分な衣を落とします。厚い衣で揚げるとぼてっと重たい仕上がりになってしまいます。
  • 稚鮎の唐揚げはチーズをまぶすとはらわたの苦みと絶妙に合って、お酒のおつまみになります。
さん プロフィール

フードコーディネーター。フードスタイリスト。 大学卒業後、化学メーカー勤務を経て、 「食」の世界に転身。 foodbiz-net.comにてフードビジネスコーディネートを習得。 コンサル会社やス... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5