プロ料理家365名によるプロのレシピ4811

きちんとレシピ

レシピ詳細

紅玉リンゴのそぼろタルト

  • 印刷用ページ

by 料理家 國松雅子

11月09日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • お菓子
  • パーティ

寒くなると恋しくなるリンゴのお菓子

ざっくりしたパイ生地の中にしっとりキャラメルリンゴ。トッピングのそぼろもリズミカルな食感に。

MYクリップする
MYクリップ数(22件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

薄力粉 50g
強力粉 50g
0.6g
グラニュー糖 10g
無塩バター(5mm格にカット) 50g
全卵 38cc
キャラメルリンゴ/レーズン適宜 リンゴ2ケ分
アーモンドパウダー 25g
粉糖 25g
きび糖 25g
薄力粉 25g
無塩バター(5mm格にカット) 25g
  1. 生地を作る。フードプロセッサーに全卵以外の材料を入れ、そぼろ状にする。

  2. そこへ全卵を加え、スイッチを入れてまとまったらすぐ止めて台の上へ出す。

  3. 手に粉を付け、生地を上からプッシュする、転がしてまたプッシュ。

  4. まとまったら冷蔵庫で1時間冷やし、3mm厚に伸ばして方に敷き、フォークで穴をあける。冷蔵庫で15分休ませる。

  5. その間にクラムを作る。アーモンドパウダー、砂糖、粉、バターをフードプロセッサーでそぼろ状にする。まとめない。

  6. 冷蔵庫で冷やしておく。

  7. アルミホイルを敷き、重石を入れて180度のオーブンで15分空焼きをする。

  8. オーブンから出し、キャラメルリンゴを詰め、レーズンをぱらぱらと置く。

  9. 表面にクラムをたっぷりかけて再び180度のオーブンで20分前後焼きこみ出来上がり。

  10. 冷やしてもいいし、少し暖めてアイスクリームを添えてもおいしいですよ。

調理のポイント
  • 生地はフードプロセッサーにかけたら、まとまったところでスイッチを止めて。やりすぎない事。
  • キャラメルリンゴはレシピ参照。
プロのひと手間
さん プロフィール

パティシェ30年のキャリアと経験で オーダーメイドケーキ専門店Allons-yを運営しています。 お菓子教室では 長い経験を活かし、理論やテクニックをわかりやすく 教えています。 フランス菓子の基... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5