プロ料理家364名によるプロのレシピ4768

きちんとレシピ

レシピ詳細

ピタパン

  • 印刷用ページ

by 料理家 武藤文

06月10日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • おうちで焼きたて!手作りパン
  • パン

たっぷり具を入れたサンドイッチに如何ですか。

二次発酵&焼く時間が短めで、気軽に作れるパンですよ

MYクリップする
MYクリップ数(23件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

6~8人分

強力粉 240g
全粒粉 60g
砂糖 6g
6g
ホシノ生種 24g
150g
なたね油など 15g
  1. <生地作り>手ごねの場合:全ての材料を混ぜ、なめらかになるまでこねる。つやが出て、薄い膜ができるまで、しっかりこねる。ホームベーカリーの場合:全ての材料を入れ、14、 5分ほどこねる。

  2. <一次発酵>こねあがった生地の表面を張らせるように丸め、ボウルに入れ、ラップをして暖かいところに置く。生地が2-3倍に膨らむまで発酵させる。

  3. <ガス抜き・分割>6分割し丸める.。とじ目を下にし、ベンチタイムを20分ほどとる。

  4. <成形>とじ目を上にし、麺棒で長さ20センチほどの楕円形に薄くのす。生地が台につかないよう、しっかり打ち粉をふり、麺棒は、中心から上下、左右にかける。また、一気に伸ばさないで、生地を休ませながら薄くのす。

  5. <二次発酵>(夏は20分程度、冬は30分程度)表面を軽く乾燥させてパリッとさせるので、何もかけなくてOK。二次発酵をとりすぎると、空洞できにくく、フカフカのパンになります。

  6. <焼成>230-50度に天板ごと予熱しておく。生地の表裏を返してオーブンシートに乗せる。210度に下げて7分ほど薄く色付くまで焼く。途中でオーブンの扉を開けると、膨らまなくなるので、要注意。

調理のポイント
  • 打ち粉をしっかりふり、生地を傷めないように伸ばします。
  • 一気に薄く伸すのではなく、何度かに分けて、徐々に伸ばします。
  • インスタント・ドライイーストを使う際は、イーストを小匙1/4、水を166gにするとよいです。一次発酵は倍に膨らむのをじっくり待って下さいね。
プロのひと手間
さん プロフィール

むとうあや。広島生まれで、パリ、北京、香港を経て、以降、東京で育ちました。家族は、夫と10歳の長男、6歳の長女の4人家族です。2007年夏までは、ロンドンにて、様々な国の方を対象に、パン、お菓子、日本... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5