プロ料理家360名によるプロのレシピ4698

きちんとレシピ

レシピ詳細

鮭とじゃがいもの北欧風スープ「ロヒケイット(Lohikeitto)」

  • 印刷用ページ

by 料理家 庭乃桃

09月15日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • 栄養たっぷり、スープ&ジュース
  • 残り野菜フル活用!レシピ
  • 家庭料理
  • その他

鮭の旨みに野菜の甘み。フィンランドのごちそうスープ。

素材のおいしさがぎゅぎゅっと詰まった、こっくりクリーミー、満足感いっぱいの優しい味わいをご家庭で。

MYクリップする
MYクリップ数(3件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

2人分

2切れ
じゃがいも 中3個(250g)
にんじん 小1本(120g)
ねぎ 1本(100g)
バター 2片(20g)
牛乳 300cc
ディル 大さじ2~
[A] 水 300cc
[A] コンソメ(顆粒) 小さじ1/2
[A] レモン汁 大さじ1
[A] ローリエ 1枚
  1. 鮭は皮と骨をはずしてひと口大に食べやすく切る。 じゃがいも、にんじんは、それぞれ1.5cm角、1cm角に切る。 ねぎは1cmの輪切りにする。

  2. 厚手の鍋にバターを熱してねぎを炒める。 しんなりしてきたら、じゃがいも、にんじんを加えて中弱火で炒め合わせる。

  3. 弱火に落とし、全体にしっとりとツヤが出るまで5分ほどじっくり炒める。

  4. [A]を入れてざっと混ぜ、再び煮立ったら弱火にし、蓋をして野菜に火が通るまで20分ほど蒸し煮する。

  5. ローリエを取り出して牛乳を加える。 再び煮立ったら、すぐに弱火に落として鮭とディルを加え、 そのまま鮭に火が通るまで2~3分煮る。

  6. 塩・こしょう(分量外)で味を調え、ディルを飾る。

調理のポイント
  • より濃厚に仕上げたい場合は、牛乳にかえて(あるいは一部)生クリームを加えてください。
プロのひと手間
  • 鮭は食べる直前に加えて、弱火でゆっくりと火を通します。強い火で煮込んでしまうと、煮くずれたり、かたくなってパサついておいしくなくなるのでNG。短時間、最低限の火の通りにするのがポイントです。
さん プロフィール

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士 / ライター 東京大学大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地に留学。結婚をはさんで数年をヨーロッパで過ごすなかで、その土地ごとの人々の暮らし... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5