プロ料理家344名によるプロのレシピ4629

きちんとレシピ

レシピ詳細

冷たいボルシチ スヴェコールニク

  • 印刷用ページ

by 料理家 ユリア ヴェッチノワ

07月04日

  • 家庭料理
  • パーティ
  • その他

ビーツなどの野菜たっぷり「夏の飲むサラダ」

日本でもっとも有名なロシア料理のボルシチの冷たいバージョン。「スヴェコールニク」や「ハラドニーク」ともいう、夏に欠かせないビーツの冷たいスープ。

MYクリップする
MYクリップ数(5件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(3件)

調理時間

材料

4人分

ビーツ 1個(370-400g)
600ml
お酢 大さじ1
ビーツの茹で汁 300ml
すりおろしたビーツ 350g
ギリシャヨーグルト 200g
レモン汁 大さじ1
ゲランドの塩 大さじ1
胡椒 適量
きゅうり 3本
万能ネギ 1/4カップ
ディル 1/8カップ
イタリアンパセリ 1/8カップ
炭酸水 200ml
鶏卵またはうずらの卵 4個
じゃがいも 12個
バター 適量
刻んだハーブ 適量
  1. たわしなどでビーツをきれいに洗っておく。皮を剥き、4等分に切る。

  2. 鍋の中にビーツ、水とお酢を入れて沸騰させる。弱火にしてビーツが柔らかくなるまで40分位茹でる。ビーツを汁のまま冷ましておく。分量の茹で汁を取っておく。ビーツをフードプロセッサーまたはグレーターですりおろす。

  3. 卵は水から茹でておく。鶏卵は沸騰させて弱火に落とし、13-15分茹でる。うずらの卵は弱火にしてから3分茹でる。急冷する。皮を剥く。縦2

  4. きゅうりは皮を剥く。小さめの角切りにする(5mm程度)。

  5. ボールの中に、ビーツの茹で汁とギリシャヨーグルトを入れて、ホイッパーでかき混ぜる。すりおろしたビーツ、きゅうり、レモン汁を加える。塩、胡椒で味付ける。冷蔵庫で冷やす。

  6. 盛り付ける前にハーブと炭酸水を加え、かき混ぜる。お皿に盛り、卵をのせる。暖かいじゃがいもと食べる。

  7. じゃがいもの作り方: 皮付きのじゃがいもを余熱を入れた180度のオーブンでローストするか、じゃがいもの皮を剥き、水から火が入るまで茹でる。熱い内にバターとディルでコーティングをする。

調理のポイント
  • ビーツは加熱に弱いですので、茹でる前に水の中にお酢を加えると色がキープできます。
  • 冷たいボルシチに加える乳製品(ヨーグルトやケフィア)を炭酸水で伸ばすとすっきりで爽やかに仕上がります。
プロのひと手間
  • ギリシャヨーグルトはプレーンヨーグルトやケフィアで代用がOK
さん プロフィール

料理研究家。Creative Chef Japan主宰。 1988年生まれ。ロシア・ハバロフスク出身。 ロシア国立人文教育大学で日本語と日本文化を学ぶ。 08年初来日。日本語学校で学び、日本語能力試験... つづき

ユリア ヴェッチノワさん の新着レシピ (全2件)

一覧を見 る

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5