プロ料理家360名によるプロのレシピ4702

きちんとレシピ

レシピ詳細

Torta di Carota ~にんじんのケーキ~

  • 印刷用ページ

by 料理家 Amoroso Filippo(アモロソ・フィリッポ)

10月01日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 残り野菜フル活用!レシピ
  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • イタリアン
  • お菓子

え! バターを使わないケーキ!?

バターを使わないヘルシーな野菜ケーキです!

MYクリップする
MYクリップ数(21件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(1件)

調理時間

材料

6人分

にんじん 150g
アーモンドパウダー 150g
グラニュー糖 100g
卵(全卵) 2個
レモンの皮 1/2個分
強力小麦粉 40g
ベーキングパウダー 7g
ケーキ型 15cm
  1. にんじんは皮をむき、細かく切ってさらにフードプロセッサーにかけて細かくする

  2. おろし金等を使ってレモンの皮をおろす

  3. 強力粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせる

  4. ボウルに卵を割りいれてグラニュー糖を加え、湯煎にかけながら白っぽくなるまで泡立て器で混ぜる(クリーム状)

  5. オーブンを160℃に設定し、予熱しておく

  6. クリーム状になった④に①のにんじんと②のレモンの皮を加え、ざっくりと混ぜ合わせ、そこにアーモンドパウダーをふるいにかけながら加えてよく混ぜる

  7. ⑥が混ざったら、そこに強力粉を2~3回に分けてふるいにかけながら加え、よく混ぜ合わせる

  8. ⑦の生地をケーキ型に流し入れ、160℃で10分間焼き、さらに温度を180℃に上げて約35分焼く

  9. 焼きあがったら粗熱をとって6等分し、お好みで生クリームやジャム、フルーツなどを添えていただく

調理のポイント
  • 生地を混ぜる際は、2人で作業をするとスムーズ。 一人が生地を混ぜ、もう一人が粉をふるう。
  • 卵とグラニュー糖は湯煎にかけながらクリーム状になるまで混ぜるのがコツ。
  • ケーキがゆっくりと膨らむのを助けるため、オーブンの温度をかえ、2度焼きする。 
プロのひと手間
さん プロフィール

イタリアのフィレンツェに生まれ、料理研究家の父の下トスカーナ伝統料理を学ぶ。さらに学生時代には芸術の基礎を学び、伝統料理に芸術的な感性を加えた独自の料理を生みだしてきた。2003年、結婚を機に来日。2... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • 08月18日
    茄子の鶏味噌
    茄子に鶏味噌をのせてからめていただきます。...
  • 07月23日
    ビーツの塩きんぴら
    ちょっと土の香りがするビーツは、牛蒡のイメージできんぴらに使...

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5