プロ料理家360名によるプロのレシピ4700

きちんとレシピ

レシピ詳細

ごぼうとじゃが芋のガレット

  • 印刷用ページ

by 料理家 小田川さなえ

10月10日

  • 21時からの胃にやさしいメニュー
  • カラダの中からキレイになる美人食
  • 一人でもきちんと。朝ごはん
  • 材料を余らせないひとり分
  • フレンチ
  • 家庭料理
  • パーティ

腹持ちグーな、便利な一品!

主食兼、おかずもこのひと皿でオッケー♪

MYクリップする
MYクリップ数(116件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(6件)

調理時間

材料

1人分

じゃが芋(大) 1個
ゴボウ 約12~15cm
ベーコン 35g
ローズマリー 一枝
小麦粉 大さじ1
しお・こしょう 少量
オリーブオイル 大さじ1~2
  1. じゃが芋は皮をむいて、スライサーなどで細く棒状にカットする(水にさらさなくてよい)

  2. ゴボウは包丁の刃先で皮を薄くこそげ取り、細くカットして水にさらす

  3. ベーコンは1cm幅にカット

  4. ボウルにじゃが芋と水気を切ったゴボウ、ベーコン、小麦粉、塩・コショウを入れて混ぜる

  5. フライパンにローズマリーとオリーブオイルを入れて弱火にかけ、オイルにローズマリーの香りを移す

  6. *ローズマリーがキツネ色になれば取り出す

  7. ④の生地を流し入れて、丸く形を整え、弱火で両面を焼く

  8. *崩れないよう、途中でフライ返しなどを使って生地を上から押すとまとまる

  9. 熱々のうちに召し上がれ♪

調理のポイント
  • ゴボウはじゃが芋に比べて焦げやすいので、弱火で焼いていきましょう!
  • 今回はフレッシュなローズマリーを使いましたが、ドライのものを少量、生地に混ぜて焼いても香りがよく仕上がります。
プロのひと手間
さん プロフィール

大学卒業後は米系金融機関に勤務。在職中より、子供の頃から好きだった料理を学びはじめ、その後本格的に学ぶため退職。国内、海外において料理、菓子、製パンの技術を学ぶ。
2000年より下北... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5