プロ料理家366名によるプロのレシピ4807

きちんとレシピ

レシピ詳細

いちごたっぷり 基本のフルーツタルト

  • 印刷用ページ

by 料理家 かいゆみ

03月10日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • お菓子

いちごを1パック丸ごと使った贅沢なタルト

タルト生地が焼き縮む、アーモンドクリームが分離する、などポイントを抑えて綺麗な焼き上がりを目指しましょう

MYクリップする
MYクリップ数(0件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

直径18cmのタルト台 1台分

無塩バター 70g
粉糖 50g
卵黄 1個
ひとつまみ
(A)薄力粉 110g
(A)アーモンドプードル 15g
無塩バター 60g
グラニュー糖 60g
卵(M) 1個
ラム酒 大さじ1
(B)薄力粉 20g
(B)アーモンドプードル 60g
いちご(小~中粒) 1パック
ナパージュ 適量
ホイップクリーム 適量
  1. (下準備)バターは使う30-60分前に室温におき、柔らかくする。(A).(B)は合わせてふるっておく

  2. ★タルト生地を作るボウルにバターを入れ、クリーム状になるまでゴムベラで練る。粉糖と塩を加えて、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。卵黄を加えてなめらかになるまで混ぜる。

  3. (A)の半量をふるい入れて、粉が見えなくなるまでゴムベラで混ぜる。残りの(A)をふるい入れて粉が見えなくなるまで混ぜ、ひとまとまりにする。生地を丸めて3cmぐらいの厚みにしてラップで包み、冷蔵庫で一晩寝かせる。

  4. まな板と生地に強力粉(分量外)をふり、麺棒で5mmほどの厚さ、タルト型よりひとまわり大きい円形に伸ばす。

  5. 型に生地を敷き込み、かどやフチを指で抑えぴったりと型に沿わせる。型の上に綿棒を転がし、はみ出た生地を落とす。

  6. ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまでゴムベラで十分に練る。グラニュー糖を2回に分けて加え、ハンドミキサーで泡立てる。

  7. 卵を溶きほぐし、9に少しずつ加えて混ぜる。ラム酒を加えてさらに混ぜる。(B)をふるい入れてなめらかになるまで混ぜる。

  8. 7の生地の中に11を詰め、170℃に予熱したオーブンで45分ほど焼く。 型に入れたまま、ケーキクーラーの上で冷ます。

  9. いちごは縦半分に切り、フチから2cm程度残してバランスよく乗せる。

  10. 周囲にホイップクリームを絞り、ナパージュをいちごに塗る。

調理のポイント
  • バターは力を入れなくてもすっと指が入るぐらいの硬さが目安です。大きな塊のままだと柔らかくなりづらいので、計量後小さく切っておきましょう。
  • タルト生地はしっかりと休ませることで生地に含まれる水分と油分が馴染みます。時間がない場合は最低1時間は休ませましょう。
プロのひと手間
  • タルト生地の砂糖はグラニュー糖や上白糖でも代用可。粉糖は生地への馴染みがよくお勧めです。
  • いちごは高さを出して盛ると華やかになります。ナパージュを塗りながら乗せると、食べる際崩れにくくなります。
さん プロフィール

料理が好きで、結婚を機に勤めていた会社を辞めて料理の世界へ転向。京おばんざいを得意とする料理家に師事。大手料理教室講師での経験を経て、フリーのフードコーディネーターとして活動中。CCHANNEL 公式... つづき

このレシピを見ている人は、こちらもチェックしています。

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5