プロ料理家365名によるプロのレシピ4811

きちんとレシピ

レシピ詳細

もちきびと帆立のアペタイザー

  • 印刷用ページ

by 料理家 梶川 愛

08月30日

  • パパッと手軽に15分
  • ワインもビールも!お酒と合う料理
  • フレンチ

簡単・お洒落で大満足の一皿です。

お一人さまでも突然の来客にも慌てずお洒落なアペタイザーでおもてなしもできます。

MYクリップする
MYクリップ数(12件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(2件)

調理時間

材料

4人分

帆立(刺身用) 8個
胡瓜 1/2本
A もちきび 小2
A グレープシードオイル 小1
A ローリエ 1枚
B 白ワインビネガー 大3
B 三温糖 大1・1/2
B 塩 小1/2
B レモン汁 大1/2
B オリーブオイル 大2
ディル 適量
  1. 帆立は固くて白い部分を取りサッと洗い水気をふき取って食べ易い一口大に切る。

  2. Aは沸騰した湯で歯応えの残る程度に3~5分茹で水気を切っておく。

  3. Bのオリーブオイル以外を合わせ最後にオイルを少しずつ乳化させながら混ぜ合わせる。(使用量はこの半量です)

  4. 胡瓜は板摺りしたて半分に切り種を取り擂りおろす。

  5. 器に①を入れ③の半量に④の汁気を軽く切りサッと混ぜ合わせたものを上から流しいれ②をディルを彩りよくあしらう。

調理のポイント
  • もちきびのプチプチ感とほのかな酸味が癖になる美味しいアペタイザーです。彩りでも食欲アップ間違いなしの一品。
  • ドレッシングは作りやすい分量表記で4人分としては半量を使います。
  • もちきびに含まれるナイアシンは他のビタミンと一緒に摂る事で効率よく作用しアルコールの代謝にも役立ちますので相性も良いアペタイザーです。
プロのひと手間
  • ドレッシングは乳化させる事で食材との絡みをよくします。
  • 胡瓜の種を取るのは水っぽくなるのを防ぐ為です。
  • ドレッシングと胡瓜の擂りおろしを混ぜ合わせるのは食べる直前に!!折角の緑色がお酢の酸により変色してしまいます。
さん プロフィール

母の影響で幼少の頃より雑穀を食し興味を持つ。日本で第一期・関西初として雑穀クリエイターを取得後、大手料理教室の雑穀講座講師・関西の料理講師向けの講義を担当・大手キッチンメーカーでのデモンストレーション... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5