プロ料理家366名によるプロのレシピ4810

きちんとレシピ

レシピ詳細

アボカドのムース

  • 印刷用ページ

by 料理家 持田 成子

10月14日

  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • お菓子

リキュールがきいたちょっぴり大人のデザート

森のバターと呼ばれる栄養豊富なアボカド・・・今話題の葉酸もたっぷりなフルーツでデザートを!

MYクリップする
MYクリップ数(13件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

18cmセルクル1台分

アボカドのピュレ 250g
レモン汁 大1
洋梨のリキュール 大2
粉ゼラチン 12g
水(ゼラチン用) 大4
生クリーム 200cc
メープルシロップ 大3
卵白 2個分
砂糖 30g
  1. 粉ゼラチンは分量の水でふやかしておく

  2. アボカドの果肉をスプーン等で取り出し、レモン汁をかけた後、フードプロセッサーにかけてピュレ状にする。

  3. ピュレ状にしたら、ボウルにうつし、洋梨のリキュールも混ぜておく。

  4. 生クリームにメープルシロップを加えて、ボウルを氷水にあてながら6分立てにする(泡だて器で描く線が消えるか消えないくらい)。

  5. 卵白に砂糖を加え、メレンゲをしっかりたてる。

  6. ③のボウルを氷水にあてて、④の生クリームと同じくらいのトロミにする。

  7. ゴムベラで⑥のピュレと、④の生クリームをあわせ、さらに⑤のメレンゲを均一になるように混ぜあわせる。

  8. あらかじめ冷やしておいたセルクルに流しこみ、冷やし固める。

調理のポイント
  • 取り出したアボカドの果肉が変色しないように、手早く作業する
  • ゼラチンを入れた後のアボカドのピュレと、生クリームのトロミがほぼ同じくらいになるようにする。
プロのひと手間
さん プロフィール

できるだけ手作りでと願う母のもとで、「ほーらこの粉がケーキになったでしょ・・・」と言える魔法使いになりたいと思って育ちました。 女子栄養大学卒業後、辻クッキングスクールを経て帰郷の後、母校や各種料理・... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • 11月22日
    菊芋のフライ
    菊芋の甘みと塩気がマッチして、ホクホクとした食感でとっても美...
  • 10月01日
    ポケ丼
    お手軽にささっと。まぐろ1冊で思いのほかのおいしさを味わえま...

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5